お買いものの最近のブログ記事

来年の年賀状を考えなければ・・・

さて、今年も後のこすところ1ヶ月な訳で、そろそろ来年の年賀状を考えなければならない時期になりました。

先日の市民マラソン大会でご主人様はカメラマンの会社が撮ってくれた写真をいたく気に入り、そのうちの1枚をその写真紹介サイトとリンクしてやっている年賀状作成サービスで作ってもらうことにした。週末に現物が届いたんだけど、結構よくできている。やっぱりプロが撮った写真は違うな、と。で、その写真を使ってネットで簡単に年賀状の注文ができてしまうのも便利な世の中になったよねえ。

さて、このネットで作った年賀状にはご主人様の写真しか入っていないので、彼を知っている人にはこの年賀状でいいが、知らない人(つまり私の知人・友人)には、この年賀状を出しても「誰これ?」な訳で、アタシ用の年賀状は別に作らなくてはいけない。いつもだったら年賀状ソフトを買ってきて、うにうにと作るんだけど、画像をアップしてネットで注文する年賀状のきれいさ&手軽さに惹かれて、私も何か写真を使った年賀状を作ろうと思い、PCの中の画像ファイルをあさったり、ネットのサービスをいろいろと比較してみたりした。比較と行っても値段もあるけど、どういうデザインの年賀状を作ってくれるのか、というのが一番のポイントかな、と。

しかし、、、、、

世の中に写真付きの年賀状を印刷してくれるサービスはたくさんあります、あります・・・が、写真付き年賀状の前提が、どう考えても「子供を含む家族の写真」か「結婚のお知らせの写真」くらいしかなく、ここに私の写真をいれてもねえ。

「動物キャラクターの横に私の顔があってもどうする?」とか、「アラフォー女の旅行中のスナップピース写真にそんなにドラマティックに枠つけてどうする?」とか、そういう感じ。うーん、涙。

気を取り直してPCの中の画像データをめくってみた・・・・・が、なんかあえて人に見てもらいたい写真がない。確かに子供の写真とか結婚式の写真だと、知り合いにみてみて〜といいたくなるのかもしれないけど・・・・。

なんか、今の私だとどうしようもないじゃん。どうしよ。
やっぱりいつものスタイルになっちゃうのかなあ。

シャーボX

シャーボX買いました。先日、丸善をブラブラしていて、偶然目に入って、その後いろいろ調べて行くうちに買おうかなあ...と。
ボールペンが二つとシャープが一つ入るんだけど、ボールペンもシャープも複数の種類から選べるようになっている。ボールペンは良く有る油性のタイプの他にジェル系のものもあって,黒や青の他に,しぶめのグリーンとか青にセピア色なんてのもある。私は普通の黒の他にボルドーを選んでみた。なかなか良い色で、これは手帳にスケジュールを書き込む時に使おうと思うんだけど、アイボリー系の手帳の紙質と合いそうで楽しみです。

他にシャープも0.3mm, 0.5mm, 0.7mmから選べます。こちらは太い方が楽にメモメモできそうなので、0.7mmをセレクトしてみました。

いずれにしろ、もし気に入らなくても、中身は変更できるので,そういう意味では気が楽かも(^-^;

鉄のフライパンが届きました

ネットで注文してた鉄のフライパンが届きました。リバーライト社のザ・オムレツってやつです。

覚悟はしていましたが、、、重いです(笑)。

今、初めの油ならし中です。
さて明日は何を作ろうかな♪

フライパン購入を検討中。

今使っているフライパン(写真)は結婚前だから、、、たぶん10年以上前に買ったものなのだけど、基本的に一人分の料理を考えて買ったものなので、二人分の食事を作るには小さいなぁ、、、とつねづね感じていました。

夏休みの八重山旅行では、自分で料理をするコンドミニアムタイプの宿を使ったのだけど、キッチンに用意されていたフライパンが大きいタイプで、すごーく炒め物がしやすかった事から、自宅にもこういうのが欲しいな、と、帰ってきてから色々と探しています。

スーパーやホームセンターで探してみたんだけど、ほとんどテフロン加工のアルミ製で、昔、うまく使えなかった(使っているうちにテフロンがはがれるとか、アルミってなんか健康にあんまり良くなさそうとか)こともあって、やっぱり鉄がいいなぁ、と今はネットで探しているところ。

個人輸入

 数年使っているマンダリナダックのパソコンバックのマジックテープ部分が大分前からバカになってしまったので、ずっと買い替えたいと思っていたところ、やっとピンとくるものが見つかったので購入。


同じブランドの別シリーズものなのだけど,既に日本からは撤退していて、日本で手に入れる事は難しそうだった(楽天なんかでこのブランドを扱っているところは有るけど,昔の売れ筋だけなのよね)ので,イタリアから個人輸入の形で取り寄せることにした。購入も支払も基本的にはネット上でできてしまうので、以外と簡単。やり方は↓な感じ。


(1)購入したい商品をネットで探す。ショッピングサイトとか。
(2)個人輸入の代行業者を探して決める。現地に住んでいる日本人の方がやっているらしい。
(3)代行業者に購入代行の依頼(商品の購入サイトのURLを明記)
(4)見積もりがくるので送金(商品代+代行手数料)。送金にはPayPalを使用(その場で登録できる)。
(5)業者の方で購入&検品
(6)送料の連絡がくるので送金(送料)
(7)業者から日本に発送
(8)配達業者が荷物を持ってくるので、その際に関税を支払う。

だいたい以上が2週間くらいで終わった。



どこのサイトで買ってもらうか,代行業者はどこにするかとか色々と悩むところはあるけど、まぁ、そのあたりは自己責任で、色々な情報から判断しなくちゃいけない。手続自体は簡単だけど,判断は面倒。仕方ないけど。

あと、送料・手数料関係ね,,,これは高いです。私の場合,31000円くらいの商品だったのですが、最終的な支出は48000くらい。そこまで出してもほしいのか?と自問自答しつつ、でも毎日使うものだからやっぱり納得いくものを使いたいし。ここ1年,国内でも探してはいたけど、好みのものが見つかってないし。



早速来週からバシバシ使います。



あと、他にもこのブランドで気になるものがあるので,それは海外旅行に行く時にチェックするようにしようっと。(、、、って次は決まって無いのですが)


※追記※
もちろん、その購入サイトが海外発送をやっているのなら、わざわざ代行業者を通すことはないです。特にLLBeanや、ハワイのクレイジーシャツなんかは、上のような手間を取らなくても、日本での通販と同じプロセスで商品を受け取れました。