Home > レビュー > 映画・ビデオ Archive

映画・ビデオ Archive

悪人(映画:原作吉田修一)

吉田修一の同名小説の映画化。
前にハードカバーで読んでいたのと、助演の深津絵里がモントリオール映画祭で賞を取ったので、見に行ってみました。陰のある長崎の青年と佐賀の紳士服量販店の店員の逃避行劇の話です。

吉田修一の小説では「東京湾景」がすごく好きで、前にこの小説をベースにしたドラマがフジテレビで作られた時に、「いい小説選んでるじゃん」と思ってたんだけど、実際に作られたドラマではシーンも人物像もむちゃむちゃいじられてて、すごく軽薄なドラマになってしまっていて実にショックだったこともあり、ちょっと心配してたんだけど。。。

しかし、、結果は良かったです。最後は少し涙目に。
感情を表現する事が苦手で人とうまくつきあえない青年が、なぜか最後は世間的な悪人とされてしまって、、、、でも本当の悪人は誰なのか、という。

妻夫木聡も深津絵里もその他の豪華キャストもさすがの演技でした。妻夫木聡は普通のテレビカメラの前では明るいさわやか君なのに、こういう陰のある役をすると別人のような迫力です。

でも上演開始はそれこそ今週からなのに、映画館は三分の一くらいの入りでした。やはり日本映画界は厳しいのでしょうか。

文庫本も出てますね。


ちなみに東京湾景はこちら。
これも品川埠頭で働く陰のある青年とお台場のインテリジェンスビルで働くOLの話で、ちょっと「悪人」と設定は似てます。

マネートレーダー銀行崩壊(DVD)

イギリスの名門銀行(ベアリングス銀行)を破綻させたシンガポールの先物取引トレーダーの話。
やっぱりトレーダーって怖いね、ものすごいストレスだよ。発狂しそう。

取引と決済の担当者を分けるという不正を防ぐ仕組みは、人間の精神のためにも必要なのね、と思うのでした。


チェ39歳別れの手紙(DVD)

28歳の方はまだなんですけど、レンタルしてみました。
あんまりゲリラにちゃんとしたイメージ持っていなかったんだけど、ゲリラって本当に生半可じゃできないのね、、、と。あと、こういう貧困の地域で医者というのはやっぱりすごい。

しかし、ボリビアで敵の情報戦に負けて農民にも食物を分けてもらえず協力もしてもらえなかったのに、Wikipedia見ると、今ではボリビアでも英雄扱いってどういうことなんだろう?映画自体はそれなりに面白く見れたのだけど、その辺りの背景が未だにピンときていません。

28歳編(キューバ革命)も早くみたいぞ。


オーシャンズ11(DVD)

ストーリーは、まさしくルパン三世かな。
わくわくして面白かった。

不二子ちゃんにあたるジュリアロバーツが、なぜかこの映画ではゴージャスに見えないのが不思議?


新シルクロード 激動の大地をゆく 特別編 最終集 祈り 響く道(DVD)

このシリーズのトルコ編をたまたまテレビで見て感銘して、最終回も絶対見ようと思っていたのに見逃していて、再放送まで見逃し、ずっと気になっていたので。DVDレンタルのTSUTAYA DISCUSで借りてやっと見れました。映像がキレイです。できれば大きいテレビで見たかった。

レバノンとシリアがメイン。

宗教のモザイク社会・・・。お互い認め合う訳にはいかないのでしょうかとも思うけど、そんな単純な話じゃないしね。ただ、ビデオにあったんだけど、まだ偏見の無い子供のたちに正しく伝えようとする試みはいいととてもいいと思います。

あと、レバノン杉。悠久の時を感じさせてくれます。

レバノンについてそんなに知識がある訳じゃないんだけど、なんとなく気になっている国なのでした。


闇の子供たち(DVD)

これが実話で無い事を祈ります・・・。
しかし映画でこれなのに原作はもっと凄惨かもね。梁石日だし。


おくりびと(DVD)

賞を取ったのでずっと借りれないかと思っていたんだけど、結構早く借りれました。
モッくんもいいけど、それより脇役(?)の人たちの一言ひとことがいいです。

もっくんと広末が夫婦というのは、ちょっと年が離れ過ぎのような感じも(^^;


人のセックスを笑うな(DVD)

永作博美が結婚したので。


、、、というのは嘘でたまたま借りてきてたのですが。

20歳の年の差とはいっても、永作博美は芸人が選ぶナンバー1アイドルで、そんな彼女だったら20歳の差なんて気にならないよなあ、、、などと思う訳です。あ、キョンキョンだって、亀ちゃんと20歳差なわけで。

映画は、のんびりーとした感じで、すぐそばで同じような会話が何気に交わされていそうな感じもする雰囲気です。でも、実世界でも以外と近くである話なのかもしれないね。。。。


たそがれ清兵衛 (DVD)

幕末の下級藩士の話。しぶいです。
途中、退屈になりそうなところで、ラストにぐっときて、最後は泣いてしまいました。

あと、宮沢りえ、きれいだなあ、と。


ミリオンダラー・ベイビー(DVD)

最初はアメリカンドリーム的な話で、後半は安楽死の葛藤。
泣けます。

いい映画だけど、、、、、重いです。


血と骨(DVD)

梁石日の原作は昔読んだ事あります。映像になってみると改めて血も涙もない話です。
そういう場所に行けば、今でも似たような話はあるのかもしれないけど・・・・。
いずれにしろ後味悪いかな。肩凝った。

早くビデオ返してこよ。


明日の記憶(DVD)

泣けます。誰でももしかしたらおこるかもしれない、若年性アルツハイマー病の話。もし自分が主人公(渡辺謙)だったら、配偶者(樋口可南子)だったら、どうなるんだろうと考えさせられて。

感動的というか、全編の7割は涙無くしては見れないかも。

それにしても樋口可南子きれいです・・・。


トウルーロマンス(DVD)

仕事が割と早く終わって帰宅が早かったので、週末に見るつもりでTSUTAYA DISCUS(通販のレンタル DVD)から借りていたDVDを見る事にした。

コールガールと彼女と恋に落ちた青年が、たまたま手に入れたドラックをめぐって周りを巻き込んで騒ぎを起こしていく話。ものすごいスピード感で、かなりはちゃめちゃ。

で、最後はハッピーエンドで終わってしまうので、最後もなんじゃこりゃ、と(笑)。
まあ、いいんじゃないかと。


めがね(DVD)

小林聡美、もたいまさこ主演の映画。前の「かもめ食堂」と同じくゆるーく流れる時間の作品。

冒頭で島の砂浜の映像が出てきたんだけど、それが昨年の夏に行った波照間島の雰囲気に似ていて、調べてみたらロケ地は与論島なのだそうだ。うーん、与論島行ってみたいかも。

かもめ食堂もそうだったけど、普通の食事が本当においしそう。あと、さくらさん(もたいまさこ)の謎の「メルシー体操」やってみたいです。(DVDみながらやってしまいました(笑))

のんびりした休日に、こういうのんびりした作品を見れたので、とてもリラックスできてよかったです。


フラガール(DVD)

ベタだけどちょっと泣けて面白いです。松雪泰子も蒼井優もいいですね!
見た後30分くらい、ことあるごとにフラダンスの真似をしてました(笑)。私もフラダンス踊りたい(笑)。


NHKスペシャルはナカナカ

ネットとビデオ三昧の週末を送っている。それ以外でやったのは週例のジョギングとネット(これが結構長い(笑))くらい。ビデオは借りてきたやつと、HDDレコーダーに取り貯めているお笑い番組とか。

で、お笑い番組の他にNHKスペシャルも取っていて,これは前にたまたまシルクロード特集を見て、ものすごく良かった(逆にNHKにトルコからクレームが来たらしい)ので、それから定期録画するようになったもので、別に面白くないものもよく有るけど、それでも割と面白い率が高い。先週の「戦場 心の傷」は良かった。ものすごく重かったけど。

考えれば当たり前なんだけど、戦場は日常とは全く異なる空間で,そこに行く前には徹底的に教育されて,その異常な空間で戦った後に日常にうまく戻れなくて、そして病む。。。。

色々と考えさせられました。あまり単純に物事を考えてはいけないな,と。

ターミナル(DVD)

ニューヨークのJFK空港に降り立った恐らく東欧系の国から来た観光客が,祖国でクーデターが起きた事で入国拒否に合い、そうは行っても空港も閉鎖されて帰る事も出来なくなって、空港の中で最初は言葉も通じない中、しばらく生活することになった物語。

それなりに話題だったらしく,うちのご主人様は国際線の飛行機の中で見た事があるのだそう。私は偶然ビデオを録画してしまって(何かの番組が延長したとかそういう理由で),なんとなく取れている所の途中まで見ていたら結構面白かったので,ツタヤに走って借りてきた、、、ってわけです。

これもハッピーエンドの物語のコメディ映画で、みていてほのぼのしました。

ドリームガールズ(DVD)

渡辺直美のビヨンセの模写でなんとなく気になってて、DVD借りてみてみました。
アメリカンドリームのハッピーエンドな話。主役はビヨンセなんだろうけど、他の出演者も個性的で,終わってみて誰が主演か一瞬「?」でした。

しかし、心臓に物理的に響くようなパワフルな声はすごいな。

ショーシャンクの空に(DVD)

無実の罪で投獄された銀行員の刑務所での話。
感動ものです。

最後は泣きました。

ウェルカム・トゥ・サラエボ(DVD)

イギリスの報道記者がボスニア紛争中のサラエボで取材していた時に起こった出来事の話。後半で孤児院の子供を養子としてイギリスにつれて帰る。

しかし、つい15年前にこういう民族紛争がヨーロッパで起きていて、なんと言うか、、、重いです。重い。 映画の中では所々で実際の映像や写真が使われていて、もうそれがもろリアルで。なんで民族でこんなに憎しみあうのか、、、、と。うーん。。。。。


有頂天ホテル(DVD)

役所広司に佐藤浩市に松たか子に、、、と超豪華キャストのコメディです。見終わって、「ああ、面白かったね」と言って終われる映画というのもまたそれはそれで時にはいいです。

しかし、話題作への役所広司への出演率ってすごいな。やっぱり日本を代表する俳優です。

パッチギ!(DVD)

色々と話題になっている井筒監督の映画。沢尻エリカの演技の評価が高いとかで見たんだけど、見てる中では誰がエリカ様だったのかはさっぱり分からず・・・・。最後のクレジットを見て、あの純粋そうな主人公の女の子がエリカ様だったの!?と、びっくりです。


あぁ、エリカ様すごひ。イメージが全然違います。これぞ女優!


あと暴力シーンが結構多いんだけど、激しすぎて、私的にはちょっと。...でした。

髪結いの亭主(DVD)

昔のフランス映画。タイトルは「髪結い」だけど、実際は女性理髪師(床屋さん)の亭主の話。ただ、日本のことわざ?で意味している「髪結いの亭主」にこの英語の内容はぴったり。

床屋さんの美人(&超エッチっぽい)の奥さんと、それを一日中眺めている亭主の話です。もうその中だけで完結した世界です。そういう愛を描いた映画。いいんじゃないかと。


パラダイス・ナウ(DVD)

この作品はパレスチナ問題のどちら側に立っているとも思わないけど、ただパレスチナの人たちが閉塞感の中で暮らしている事は伝わってきた。


ただ、DVDのパッケージにあった窪塚洋介(日本語吹き替え)のコメントの「そしてレゲエを聞け!」は、ハテナ?だった。

まぁ、いいや。

かもめ食堂(DVD)

続、DVDメモ。

一人の女性(小林聡美)がフィンランドのヘルシンキで食堂(しかも日本式)を経営していて、そこに何故かヘルシンキにきてしまった女性(片桐はいり)と、同じく来てしまった女性(もたいまさこ)の二人が加わって、その食堂で働くなかでの出会いとか人間模様の話。言ってみればそれだけなんだけど、作品全体を流れる穏やかな雰囲気がいいです。ほのぼのしているというのかなぁ。独特の雰囲気を持った3人だからこそ醸し出せる空気がいいです。

何故ヘルシンキなのかとかはどうでもよくって、、、、というか、ファンタジーというか。

ああ、そうか。これがLAとかNYとかパリとか香港とかだったらリアリティありすぎで、ヘルシンキというのがいいんだな、きっと。

映画の中のヘルシンキは、とっても綺麗な街なんだけど、実際もそうなのかなぁ。一度は行ってみたいです。

ギルバート・グレイプ(DVD)

ついでなので、最近みたDVDについてメモ。


このDVDは、ある掲示板で「感動した映画は?」とかそういうトピックがあって、それで一番多くの人が感動したと書き込んでいたもの。感動、、、というか、最後は泣けました。いや、暗いエンディングではなくて、明るいエンディングなんですが。


アメリカ映画って、CGとか、ドカーン!バキューン!みたいなアクションが派手なイメージしか持っていませんでした、、、が、こういうじわじわ感動させるものもあってなかなかだなぁ、と。

最後のクレジットを見てて、主演がジョニーデップで、助演の知恵おくれの少年がディカプリオ様だったのにものすごい驚きです。(映画ほとんど見ないので、そういうの疎い)


もう頬づえはつかない(DVD)

年明けから何故かDVDが見たくなって、TSUTAYAにレンタルしに行ったら、会員証の有効期限が切れていた。入会金をまた払わなければいけないの!?と思って、がっくり来ていたら、お店でよくよく話を聞くと、もし更新できたとしても更新料として300円払う必要が有るのだそうだ。(ちなみに入会金も同じ)
何だ、別に慌てて更新する必要もないじゃん。

さて、タイトルのDVDは1979年の映画。当時の大学生が風来坊的な人と大学生の二人の男性の間で揺れ動きながら、最後は、、、、な話。時期的には「なんとなくクリスタル」と同じくらいだけど、この時代の学生生活ってこんな感じだったのね、、、、とちょっと違う意味で新鮮でした。私はこの10年後に大学生になったのだけど、着てる洋服が違うのはともかく、共同玄関のアパートの作りとか、共同電話とか、、、10年間でだいぶ変わるんだなー、と。

しかし最大の驚きは主演は桃井かおり(たぶんデビュー作?)で、今とほとんど変わらない!!もう30年近く経っているのに。あ、でも加茂さくらも同じで、ほとんど変わらず、違和感ないし、やっぱり女優さんってすごい!!!


Index of all entries

Home > レビュー > 映画・ビデオ Archive

Search
Feeds
Recent Comments
  • チハル: 肉!! 美味しそう。 read more
Tag Cloud

Return to page top