ひとの最近のブログ記事

ウラ県民性

  • Posted by: acco
  • 2008年12月13日 08:25
  • ひと

こんな性格診断(?)があったのでやってみました。

Yahoo!縁結び - ウラ県民性診断 性格から見たウラ県民性は......東京都タイプ


ウラ県民性診断

酔っぱらい

  • Posted by: acco
  • 2005年12月 2日 02:26
  • ひと

今日も終電間近の電車で帰ってきて、タクシー帰り。私の前にちょっとワカメのサラリーマンが3人じゃれ合いながら、そのうちの一人がぐでぐでに酔っぱらっていて、他の二人はその人をからかいながら、送っていくのか知らないが、一緒にタクシーに乗り込んでいた。で、私はその後の来たタクシーに乗り込んで帰った訳なんだけど、家の近所でタクシーおりたら、その前にもタクシー止まってて、さっきの酔っぱらい君とそのお友達が降りてきた。

うげ、近所かよー。

なんて思いつつ、足早に家に戻ると、彼らも私と同じ方向に歩いてくる。やだなー、と思いながら、マンション(社宅だけどさ)のエントランスに入ると、酔っぱらい君をからかっていた方がエントランスの入り口で、酔っぱらい君に手を振っている。

げ、、、、同じマンション?ってか社宅?
社宅ってことは、同じ会社(うちのご主人様と&私の前の会社)じゃん。
そういえば、近所にもう一つ社宅があるんだっけ。じゃあ、酔っぱらい君もここの会社ってわけぇ??


君たち、もっとシャキンとしてくれぃ。(いきなり先輩面)

逞しい人

  • Posted by: acco
  • 2005年11月 5日 22:57
  • ひと

英会話のレッスンで今日の講師のMが、「そういえばCって知ってる?」と言った。知ってるよ、CはCは中国系のオーストラリア人で、結構好きな先生で面白かったんだけど、いつの間にかいなくなっちゃったんだよね。

Cは元々はオーストラリアの貿易会社でアシスタントをしていたが、辞めて日本に来た。日本ではとりあえず英会話学校で働いていて、講師の中でもかなり長時間働いていたのだそうだ。ボーイフレンドはロシア系オーストラリア人だったが、彼氏の方は別の英会話学校で働いていたものの、「俺にはECCあわなかったんだよね〜」とすぐ辞めてしまって、それから酒浸り・・・。

 一方、Cは昔働いていた会社の知り合いに電話して「給料安くてさぁー」とぐちっていたら、その前の会社が日本に支店を出す事を知り、見事にその日本支店のマネージャーのポストをゲットし、そしてまた一生懸命働いた。自分のために、そしてアル中のボーイフレンドの生活をサポートするために。たぶんかなりやり手で、かなり頑張ったのだろう、最近彼女は2段階特進のプロモーションと一緒に自国に戻る事となった。

で、彼氏とは It's over.


へーぇ。すごいなC 。これってジャパニーズドリーム?ってか、Cの逞しさにびっくり。めちゃめちゃかっこいい。ものすごいバイタリティーだよ、それ。

一方、その話をしてくれたMは、「向こうは出世したけど、僕はまだココだよ、とほほ・・・」とショボーンとしていた。(^^;
まぁ、そうはいいつつ、「面倒くさい」とか「しょうがない」って英語でなんてゆーの?という質問に一生懸命応えてくれる(時にはスラングも含めて)Mのレッスンは私にとって楽しいひとときではあるんだけどね。

DiSC理論

  • Posted by: acco
  • 2005年9月19日 10:17
  • ひと

先日の研修でDiSC理論という、性格特性の分類について知った。いや、この手の分類を行う研修は実はこれまでにも2回受けた事があって、今回は3回目になる。とはいっても、これらの研修の目的は自分の特性を知る事ではなく、相手(顧客、上司、部下etc,,)の特性を知って、そこからどうコミュニケーションするかのスキルを伸ばす事だから、別に自分の性格分類なんて関係ないんだが(^^;

さて、そのDiSC理論であるが、
D : Dominance(主導的) 
i : Influencing(感化)
S : Stable(安定)
C : Cautiousness(慎重)

のことで、これらの特性の位置づけ的には、DとIは能動的でSとCは受動的、また、DとCは仕事志向・論理重視で、IとSは人志向・感情重視な傾向となっている。つまり、DとS, IとCは特性的には逆となるわけ。

図的にわかりやすいのはこちら

特徴としては、Dは強引だけど実行力のあるタイプで有名人で言えば石原慎太郎都知事みたいな感じだろうか、Iはとにかく明るい盛り上げ役(話し好き)、Sは最近の言葉で言えば癒し系(でも優柔不断)、Cは分析家・研究者タイプで仕事は緻密で正確なんだけど理屈っぽい、、といったところ。

で、ワタシの結果は、「S」。3回ともS。少しiに近いところはあるけど、S。やはり人の性格なんてそんなに変わるものでは無いのである。Sの人とグループになって自分の性格の特徴を話し合ってみたが、典型的な日本人で典型的なサラリーマンだよねぇーで一致した。ほんとにみんな癒し系タイプで、壁を作る事無くリラックスして話せる人達だった。

ちなみにワタシの上司1は、完全にDタイプだ。3年間付き合ってきたが、結構付き合うのにコツがいる(メールは短く3行以内、話す時は要点を整理しまくって、結論からなど、、)。しかし”コツがいる”なんて考えてしまうのは、ワタシが正反対のタイプだからなんだろう。でも正反対だからといってうまく行かない訳でもなく、アサイン制(プロジェクト毎にマネージャーが担当者を指定する)の中で、ずっとアサインしてくれるって事は、まぁ、いいのかな、と。
 で、うちのご主人様は、CかD、どちらかと言えばDかも、って思って家に帰ってやらせてみたら、やっぱりDだった(ちょっとCも入っているけど)。

そうそう、一番最初にこの手の分類を受けたのは前の会社に居たときだったんだけど、前の会社では6~7割方はSタイプだったような気がする。Dタイプはほとんど居なかった。でも今の会社(今回の研修)では、D・C・Sタイプが同じくらいで、iは数名。私的には、Sは典型的な日本人タイプなので、どこでも一定数はいるとは思うんだけど、でも他のタイプの分布とか考えると、結構会社の特性とか出てて、これまた面白い。

ちなみに似たようなテストが受けれます。こちら

ゴクミ

  • Posted by: acco
  • 2005年8月24日 03:37
  • ひと

日曜日の夜10時からの日本テレビ「美人物語」で後藤久美子@せれぶが出てて、フランスの豪邸でせれぶの生活について語っていたけど、いやびっくりしたのはセレブの生活よりも(単に貧乏人には実感のわかない事だからびっくりしないのかもしれないが)、テレビに出ないようになって10年くらいたつのにも関わらず保っている彼女のプロポーションだった。

ノースリーブのワンピースを来たときに垣間見えたあの背中!あれば絶対トレーニングをしている人の背中である。しかも、ワタシのようなコブタではだめで、元々スタイルの良い人がきちんとしたフォームでストイックにトレーニングを積まないと、あーゆー締まった背中にはならない。他に芸能人だと大黒摩季さんがそう(彼女は毎日8Km走っているらしい)。 スポーツジムのインストラクターでも、あそこまでの人は正直なかなかいない。

肌もまだまだきれいだったしなー。地黒人間の憧れでもあるな。むーん。

、、、明日から3時のおやつ食べるの我慢しよ。


(あんまり自信ない・・・・)

偶然友人にあった

うちの最寄り駅で電車から降りるときに前の会社の同期♂が居る事に気づいた。向こうも気づいたらしくお互い「久しぶりだねー!」とか言ったものの、私はそこの駅で降りなくてはならなかったので「じゃあ、またねー」「うん、また」と言って別れた。しかし、”またね”と言いながら2度目はあるんだろうか??なんて考えてしまうのだった。

まぁ、、、ないよねぇ。

Continue reading

波瀾万丈な人

  • Posted by: acco
  • 2005年2月12日 01:29
  • ひと

時々通ってる深夜営業のマッサージ店で、私の近くのベットでマッサージを受けてた金髪兄さんと担当君の会話。
---
(その1)
金髪:あいてててーーー!!キクぅー。
担当君:ここは腎臓につながってるツボなんですよ。
金髪:腎臓?あー、腎臓も病気したからねぇ。色々悪くしましたよ。二十歳までに胃潰瘍とXXXXX(忘れた)、25までに胆石と腎臓結石、、、、、
担当君:・・・・・・・。いろいろ修羅場をくぐり抜けてきているんですね。
金髪:まーねー
(その2)
金髪:あいてててーーー!!
担当君:ここは踵とつながってて、、、
金髪:踵?あー、そういえば、5年前にかかとを骨折したんだけど、それかなぁ。飛び降りたらさぁ、折れちゃったんだよねぇー。
---

この人(金髪。推定元ヤン&推定現在鳶職)って、これまでどういう生活してたんだろう・・・。

不審者

  • Posted by: acco
  • 2005年1月14日 20:51
  • ひと

熱は下がったものの、まだ咳に喉の痛みや鼻水は絶好調(?)で、しかも目も乾燥しているのでコンタクトつけるのも辛かったこともあって、今日はメガネかけてマスクで出勤した、、、、が、事務所のトイレで手を洗っている自分の姿を鏡でみて、思わず目をそらしてしまった。
完全にこれは不審者でR。うわ、ひでっ。

週末は寝まくって体調回復しよう。しかも明日は雪らしいし。

九州男児

  • Posted by: acco
  • 2004年10月13日 02:39
  • ひと

大学時代の友人Sちゃん(男性)の結婚式2次会に出席。子供好きでいい人なんだけど、なかなかいい出会いが無かったらしく、でもやっといい人が見つかったらしい。ヨカッタ、ヨカッタ。奥さまは東京の人なのだそう。
奥さまと少し話したところ、Sちゃんは家では「俺は九州男児だ!」とエバっているらしい(笑)。私たちの前では、そんな事言ったことなかったのにねぇ。(あたりまえ?まぁ、九州の女の人に「九州男児っ!」って言っても、「で?」って感じだし)

でも正直なところ、九州男児より東京の女の人の方が強いんじゃないのかなぁ。自分の周り見てるとそういう気がする。わがままを通すのがうまいというか慣れてるというか。結構男性のほうが尽くしてるような気がするんだけどね、、(う~、うらやましい☆)