Home > > 情報の文明学(梅棹忠夫)

情報の文明学(梅棹忠夫)

  • Posted by: acco
  • 2009年11月 7日 10:17

約40年前に書かれた本。「情報産業」って言葉はここから始まったらしいです。
ちなみにここで言っている情報産業は、IT産業のみを指すのではなくって、マスコミとかサービス業のような情報に対してお金を払うような産業のことを言っています。

40年前ってテレビが普及しだした頃で、所々にテレビ局を前提とした話が出てくる事はあるんだけど、もっと大局的な情報の世界に対する考察はすごいです。

もともとは理学部出身の学者さんらしく、産業を「内胚葉産業」「中胚葉産業」「外胚葉産業」に分けているのも、私にとってはツボ?

名著です。


関連エントリー

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5785
Listed below are links to weblogs that reference
情報の文明学(梅棹忠夫) from DABUN.ORG:ZAKKI

Home > > 情報の文明学(梅棹忠夫)

Search
Feeds
Tag Cloud

Return to page top