Home > > この世で一番大切なカネの話(西原理恵子)

この世で一番大切なカネの話(西原理恵子)

  • Posted by: acco
  • 2009年8月17日 07:40

理論社という出版社の「寄り道パンセ」という一風変わった子供向けのシリーズの本らしい。これは、西原理恵子の人生論というか、自叙伝というか、そんな感じ。彼女の正直な人生観が書いてあって、悩める少年少女が進路を考えるときにはいいかも。貧困を直に体験してきた彼女が言う言葉だから、きれいごとではない現実感があります。

・自分探しの旅は、「カネ」という視点を持てばぶっちぎれる
・「最下位」による、「最下位」からの戦い方
・「負のループ」を抜け出す事ができるんだろうか

とかね。読んでいる自分も、心のモヤモヤがなんかすっきりしました。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5533
Listed below are links to weblogs that reference
この世で一番大切なカネの話(西原理恵子) from DABUN.ORG:ZAKKI

Home > > この世で一番大切なカネの話(西原理恵子)

Search
Feeds
Tag Cloud

Return to page top