Home > おでかけ > 丹沢山

丹沢山

前回の檜洞丸に続き、丹沢山に登ってきました。ただし、今回はあまり時間が無いので、最短らしい塩川橋からのルートで、そのまま往復です。「ヤマケイアルペンガイド」によると、技術度2対力度4(5点満点)のコース。

時間がないというのは、連休で高速が渋滞しそうなので早出早帰りしたいということなのですが、6時に自宅を出たものの、7時頃には既に東名は渋滞していました・・・・。御殿場のアウトレットモールもこんな早くは開いていないだろうし、みんなどこに行くんだろう・・・。

さて、秦野中井ICで降りて、塩川橋まで長い峠路を走り(長過ぎていい加減カーブにも飽きてきます)、やっと到着です。既に駐車場は満杯で、道路脇も駐車場の側からずっと詰まってました。塩川橋を渡ったところでなんとか止めれそうな場所を見つけて駐車します。

こちらが出発地点の塩川橋。橋の下は渓流になっていて、渓流釣りに来ている人もいるようです。水の音が気持ちいい。

2009050301.jpg 2009050302.jpg

ゲート(車止めの枠)を超えて登山開始です。登山口からは↓のような感じでしばらく車道歩きが続きます。業務用しか入れないので、車はこないけどね。1時間くらい。車道だけど、長いし、急なので結構きついです。標高で400mくらい上がってます。10%くらいの坂道だし。

2009050303.jpg

車道の終わる手前で登山口発見。丹沢山まで1時間20分と書いてあるけど、きっとこれは健脚向きで、自分たちには無理(涙)。登山地図(山と高原地図)から計算しても2時間35分だし。

2009050304.jpg 2009050305.jpg

標識に従って山に入ると、ひたすら↓のような山道が続きます。(登りばかりできつい)

20090503051.jpg

休憩できるようなベンチもひとつしかなく。(まあ、実際はその辺の切り株なんかで休憩しているんですが)

2009050306.jpg

最後の方にはいくつか鎖場も。写真のやつはそこまできつくないけど、この先に隣が崖で一瞬だけ
岩を伝っていくちょっと怖い鎖場があります。

2009050307.jpg

で、木の階段などを歩きながら、振り返って「おおー、高いところまできたねえ」と思ったときに

2009050308.jpg

頂上到着です!

2009050309.jpg

実は昨日、小型コンロとクッカー(小型鍋)を買っておいたので、今回は山頂でカップラーメンをいただきます!暖かくって幸せ♩ちなみにご主人様はカップうどん。

2009050310.jpg

私はカップヌードル。
そうそう、下に写っているレジャーシートも昨日ダイソーから100円で買ってきました。(もちょっと大きくても良かったかもね)

2009050311.jpg

帰りはきた路をひたすら戻るだけです。今回の往路はひたすら登るだけだったので、復路はひたすら下るだけ。さすがに登りほどはゼーハーはしなかったものの、相当筋肉を使うらしく、最後には膝がガタガタ、太もも前面が筋肉痛でした。

でも多少はお花や渓流の景色なんかを楽しむ余裕もあり。

2009050312.jpg 2009050313.jpg 2009050314.jpg 2009050315.jpg

休憩込みのトータルで6時間半の行程でした。登山地図上のコースタイムが6時間20分なので、まずまず。しかし、「登るだけー」「下るだけー」というのも、それはそれでツライですね。トレーニングっぽい。

帰りは、カーナビの指示に素直に従って、厚木ICを使って帰りましたが、意外に流れていて、明るいうちに帰宅できました。でも眠いぞ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5484
Listed below are links to weblogs that reference
丹沢山 from DABUN.ORG:ZAKKI

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5484
Listed below are links to weblogs that reference
丹沢山 from DABUN.ORG:ZAKKI

Home > おでかけ > 丹沢山

Search
Feeds
Tag Cloud

Return to page top