Home > おでかけ > 檜洞丸

檜洞丸

メーカー勤務のご主人様はこれから連休なので、私も休暇を取って、丹沢の高峰の一つの檜洞丸(ひのきぼらまる)に登ってきました。5時半起きで、6時半に家を出て、9時前に現地到着(通勤ラッシュで以外に時間がかかる・・・)、9時過ぎに登山開始で、戻ってきたのが17時20分頃。

うーん、約8時間半の行程。前回ほどの筋肉痛はなかったけど(反省を生かしてダラダラ歩きにしたし)、日の落ちるまでに出発地点に戻れてよかったです。

さて、登山の出発は「西丹沢自然教室」から。大井松田ICから1時間程度かかりました。
ここに駐車やお手洗いはここですませて出発。GWとはいえ、平日なのに、教室の駐車場はいっぱいで、私たちはその前の空き地に車を止めました。ちなみに自然教室は今日は休館で、「登山届」を書いたものの、どこに出せば良いかわからず、とりあえずポケットへ・・・。(結局、出さずじまいだったのですが)

2009050101.jpg

入り口はここから。4.8Kmなんて以外に短いじゃん、、、、などと思いつつ、登山道をみれば、「これのどこが道?」なんてのに、ビビりました。

2009050102.jpg

↓これが道だそう、、、、。今までの自分の認識を改めました。

2009050103.jpg

今までのお気楽トレッキングと違い、道も細いし、橋はあるけど、↓のように細くて、歩けば「ギシギシ」なってます。。。。当然、橋は一人づつです。

2009050104.jpg

ただ、途中には、こういう↓気持ちよい沢もありました。

2009050105.jpg

まあ、でもほとんどは細い登山道に、初の鎖場も体験!で、かなりハードでした。
で、頂上の手前は、自然保護のために、登山道は木道になっています(それ以外は歩いちゃだめってことだそうです)。ワイルドさを求める人に取っては拍子抜けかもしれませんが、整備された道に慣れきった軟弱ものの私は、やっと気楽に歩く事ができました。

2009050106.jpg

そして頂上到着!おめでとう!

2009050107.jpg

頂上は結構広くていくつか(感覚的に10前後?)のテーブルがあり、そこでみんなお弁当とか食事を取っています。私たちは、コンビニで買ったおにぎりと、私は味付きタマゴにご主人様は魚肉ソーセージだったんですが、隣のグループは何かコンロで料理してて、しかもビールで乾杯とか、ワインのボトルまで置いてあったりして、すごくうらやましかったです。私もせめてカップラーメンとか、みそ汁ぐらいは暖かいもの食べたかった・・・・(涙)。

更に頂上が寒くて、よけいに心にしみます・・・・・。(おおげさ)

さて、トイレをすませて(山小屋のトイレってはじめて入ったけど、以外にきれいで臭くない!)、帰路につきます。来た路をそのまま戻るのではなく、犬超路という場所を回って帰ります。

2009050108.jpg

実はここからが本当に大変だったんですが。。。

(「丹沢(檜洞丸〜犬超路)」に続く)

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5480
Listed below are links to weblogs that reference
檜洞丸 from DABUN.ORG:ZAKKI

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5480
Listed below are links to weblogs that reference
檜洞丸 from DABUN.ORG:ZAKKI

Home > おでかけ > 檜洞丸

Search
Feeds
Tag Cloud

Return to page top