Home > > 沈まぬ太陽(山崎豊子)

沈まぬ太陽(山崎豊子)

  • Posted by: acco
  • 2009年2月 8日 15:59

先月の中旬からいくつもの仕事(現場)をはしごする日が続き、なかなか本も読めず、大阪出張の新幹線の中でやっと正月休みによもうと年末に買った本に手をつける事ができました。で、週末にかけて一気に読破。

全5巻の長編。JALをモデルとしていると思うんだけど、労使対立と内情と官僚&政界も巻き込んだ腐敗についての小説。最後の方は、あまりの腐敗のひどさに、呆れるほどでバカバカしくなってきたくらい。小説だしラストはハッピーエンドかな?と思いつつ、ラストも救われず・・・(涙)

その後どうなったのか気になるけど、あんまり変わってないのかもね。

第3巻の御巣鷹山編は泣けます。新幹線の中でちょっとグシュっとなりました。

そういえば御巣鷹山関連では、昔、クライマーズ・ハイ(横山秀夫)を読んだなあ。これは事件を伝える側からの話(新聞記者)ですが、なかなか読み応えあります。


関連エントリー

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5443
Listed below are links to weblogs that reference
沈まぬ太陽(山崎豊子) from DABUN.ORG:ZAKKI

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/5443
Listed below are links to weblogs that reference
沈まぬ太陽(山崎豊子) from DABUN.ORG:ZAKKI

Home > > 沈まぬ太陽(山崎豊子)

Search
Feeds
Tag Cloud

Return to page top