逞しい人

| トラックバック(0)

英会話のレッスンで今日の講師のMが、「そういえばCって知ってる?」と言った。知ってるよ、CはCは中国系のオーストラリア人で、結構好きな先生で面白かったんだけど、いつの間にかいなくなっちゃったんだよね。

Cは元々はオーストラリアの貿易会社でアシスタントをしていたが、辞めて日本に来た。日本ではとりあえず英会話学校で働いていて、講師の中でもかなり長時間働いていたのだそうだ。ボーイフレンドはロシア系オーストラリア人だったが、彼氏の方は別の英会話学校で働いていたものの、「俺にはECCあわなかったんだよね〜」とすぐ辞めてしまって、それから酒浸り・・・。

 一方、Cは昔働いていた会社の知り合いに電話して「給料安くてさぁー」とぐちっていたら、その前の会社が日本に支店を出す事を知り、見事にその日本支店のマネージャーのポストをゲットし、そしてまた一生懸命働いた。自分のために、そしてアル中のボーイフレンドの生活をサポートするために。たぶんかなりやり手で、かなり頑張ったのだろう、最近彼女は2段階特進のプロモーションと一緒に自国に戻る事となった。

で、彼氏とは It's over.


へーぇ。すごいなC 。これってジャパニーズドリーム?ってか、Cの逞しさにびっくり。めちゃめちゃかっこいい。ものすごいバイタリティーだよ、それ。

一方、その話をしてくれたMは、「向こうは出世したけど、僕はまだココだよ、とほほ・・・」とショボーンとしていた。(^^;
まぁ、そうはいいつつ、「面倒くさい」とか「しょうがない」って英語でなんてゆーの?という質問に一生懸命応えてくれる(時にはスラングも含めて)Mのレッスンは私にとって楽しいひとときではあるんだけどね。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/1068
Listed below are links to weblogs that reference
逞しい人 from DABUN.ORG:ZAKKI