インフルエンザの疑い

| トラックバック(0)

朝、ちょっと風邪気味だなーと思っていたら昼過ぎから頭がくらくらして、夕方のミーティングまで時間があったので診療所に行ってみたところ、なんと熱が39度超もあった。季節柄インフルエンザをお医者さんは疑ったらしく、いくつか検査をしてみたんだけど、菌(ウイルス?)は見つからなかったんものの、やっぱり怪しいとかでインフルエンザの薬と念のために風邪薬が処方された。更にこのままでは夕方のミーティングに耐えられないので点滴もうってもらったのに、点滴の効果は診療所から事務所に戻るまでしか持たず、ミーティング中は最悪の体調でハイ・ソウデスネしか言えなかった。
這うようにして帰宅した後はとにかく寝たのに、相変わらず熱は下がらず、立つのさえもままならないので、朝方思い切って念のため処方された風邪薬を飲んでそのまま寝たら、目が覚めたらびっしょり汗かいて熱は下がっていた。

うー、やっぱり風邪だったんじゃん。
最初っから風邪薬飲んでたら、年休使わずに済んだのにー!(NYで休みすぎたので、残り年休わずかなのよ・・・)

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/993
Listed below are links to weblogs that reference
インフルエンザの疑い from DABUN.ORG:ZAKKI