Home > ボルドー > その他左岸 Archive

その他左岸 Archive

CH. カマンサック '99 [オー・メドック]

かなり黒みの強い暗い赤色。くすみ、褪色により暗い色合いに変わっている。

香りは外向的で可愛く、よく練られている。素直にハッとさせられる良い香り。甘いケーキ、カステラ、ミント、その他のハーブ、カクテル様の魅力的な香り。飲み始めると、ほのかな樽香の戻り香もある。

やさしく柔らかい口当たり。飲み進むと'99年らしい酸が出てくる。熟成によってこなれて、トゲを抜かれているが、旨味は健在で良い状態に変化している。後半には程よい渋みがあり、全体を引き締めて緩みのない構成にしている。

全く期待せずに飲んだのだが、かなり良い味わい。好みのタイプだ。

(記:2009.9.23)

Continue reading

シャペル・ド・ポタンサック '02 [メドック]

9月23日(金) ENOTECA広尾本店で行われた「THE WEEK OF CH. LEOVILLE LAS CASES」テイスティングに参加した。ポタンサック、ネナン、ラス・カーズ関連のワインを12種飲んで¥5,000だ。

透明感がある濃い、しっかりした赤紫色。エッジはピンク色から赤紫色。

香りは中程度で、若いカベルネにありがちな匂いだ。酵母、青草、ミント、人工的なキャンディの甘さなど。

味わいは凝縮感に欠けるが親しみやすくほどほどの味わい。すぐ消えてしまうが、ほのかな旨味がある。後半には控え目な苦味あり。全体に透明感を連想する味わいだ。飲み進むと後半の苦味が蓄積して良い感じになるが、その反面、安っぽい印象も強まり好印象は相殺される。

やはり「それなり」の味わい。安っぽい印象は拭えない。飲むべきワインを多く抱える人には奨められない。

(記:2005.9.24)

Continue reading

CH. ポタンサック '02 [メドック]

透明感がある赤みがとても強い紫色。

香りは中程度からやや強めで揮発性が高い。これも2ndワイン同様青臭いが、ふくらみがあり、それなりの複雑性を持っている。

味わいは少し平板に感じたが滑らかな口当たり。ミネラル、塩気、ほのかな旨味も感じる。後半からアスターにかけては、苦味と食欲を促進する酸味、タンニンがじわっと出てくる。

久しぶりに飲んだが、95年や96年で感じた「厚み」「黒っぽさ」「煮詰めたような凝縮感」とは随分と違うスタイルに変わっている。とても親しみやすいワインで、構えず気軽に飲む際には良いかもしれない。

(記:2005.9.24)

Continue reading

CH. ポタンサック '99 [メドック]

赤黒くしっかりした色合いで透明感がある。

香りは中程度で、ダークチェリーなど甘さを感じさせる綺麗でクリアな印象。

やはり滑らかな口当たりだが、その直後に厚みと酸味が力強く立ち上がる。02年より身が詰まった感じだ(品質はともかく)。アフターに蓄積する渋みは心地良い。

飲み頃感は出ていると思う。ただ90年代の良い記憶もあるので、ポタンサックはもう2歩ほど上の品質を目指して欲しいと思う(価格もそれなりだし)。

(記:2005.9.24)

Continue reading

CH. モン・ペラ '01 [ボルドー]

(R)ch. Mont-Perat 01.jpg

週刊『モーニング』連載のワイン漫画『神の雫』で、Opus Oneの'00より旨いと紹介されたボルドー。作中ではOpus Oneとこのモン・ペラをワインバーのマスターに奢ってもらった主人公とヒロインが、おかわりの際に迷わずモン・ペラを選んでいた。しかしマニアだったら間違い無くその場ではOpus Oneを可能な限りおかわりして、モン・ペラは後で自分で購入してゆっくりと飲むだろう。

'01年のボルドーとは思えないほど黒い色をしている。エッジの部分のみ透明感があるが、そこも暗赤色をしている。

香りは強めでインパクトがある。クールミント系の涼しげな香り、タイム、ローズマリー、レザーや干し肉など。アルコールと混じり合って、鼻の奥にツンと香ってきて面白い。

味わいも分かりやすくてインパクトがある。テイスティングの場で有利な外向的なワインだ。飲み口には、邪魔にならないほどのほのかな甘みと果実のふくらみがある('02年だと甘みが強過ぎて、若干全体の構成を乱している)。ボディの満足感も十分で、アフターにはほろ苦さがあり適度な余韻を残す。

このワインを飲んだ日の昼にENOTECAで行われた「パーカー高得点ボルドー」のテイスティングに行ったのだが、その後であっても見劣りすることなく飲むことが出来た。この価格からすると異例なほど高品質なワイン。評価の高い格付けシャトー並みの品質を持っている。

(記:2005.2.28)

Continue reading

メドック(Prats Freres)'98 [メドック]

CH.コス・デス・トゥルネルが造る「メドック」の1st vintageで、以前の「サンテステフ」に当たる、との説明があった。

 やや枯れた印象を伴う赤黒い色合い。ボルドーとしては透明感が高い部類に入る。やや強めの香りで、揮発性が強い。シンナー、塗料、青臭さ、ガメイ臭など。味わいはガメイや加州の安く新しいカベルネのよう。劣化したような、かなりひねた口当たりだ。合わせる料理にもよるが、ボトル1本飲み切るには、かなりの忍耐が必要。料理に使うにも勇気が要るだろう。

(記:2003.3.30)

Continue reading

CH.スダール'96 [オー・メドック]

1年以上前の冬、有楽町西武のENOTECAで3本¥5,000のセールで購入した。なにしろこの価格なので、自分の部屋の棚に飾ったまま1年以上を経過した。熱どころか光の影響もモロに受けているハズだ。

 濁りを感じる赤黒い色。エッジの部分は熟成を感じるレンガ色に変化しかけている。またグラスを廻すと脚と言えないほどのドロドロした痕跡をグラス面に残し、外見上の粘性が非常に高い。初日の香りは控えめで、弱い果実香が中心のためあまり印象に残らないが、2日目には酸を感じさせる要素が加わり、3日目には60年代の枯れてしまったボルドー風に変わってゆく。初日の味わいは果実味を感じ、その後ややトゲのある苦味が続く。収斂味は標準的で、ボルドーをよく飲む人ならもう少し渋くてもよいように感じるかもしれない。全体に大人しく物足りない感じだ。2日目には酸味が強くなり、スモークチーズのような風味が出てくる。3日目にはすっかり衰えて、完全に枯れたボルドーの味になった。全体に煮立ったような雰囲気が漂い、どう考えても実力を発揮していない。いずれ状態の良いボトルを飲んで再考したい。

Continue reading

Index of all entries

Home > ボルドー > その他左岸 Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top