Home > ボルドー > | サンテミリオン > CH. フォジェール Archive

CH. フォジェール Archive

CH. カップ・ド・フォジェール '99 [サンテミリオン]

CH. フォジェールの2ndワイン。飲むのは初めてだ。

ややくすんだ赤黒色。中心部は黒く向こうが見えない。

ちょっと変わった香り。炭、絵の具箱に生えたカビ、アルコール、いちじくなど。やや引っ込みがちな香りだ。

味わいは、こなれている。中盤には酸味が見え隠れし、'99年のボルドーらしい熟成感がある。アフターには、ミネラル感や程よい渋みが非常に長く中庸の強度で続き、とても心地良い。飲み進むと、後半に残るミネラル感、旨みと、新たに口に入る滑らかさが相乗効果を生み気分が良くなる。

いい熟成をしているワインだ。フォジェールの2ndとは思えない美味しさ。¥3,360ならば相当に買い徳。

(記:2009.9.23)

Continue reading

CH. フォジェール '00 [サンテミリオン]

夏にENOTECAで飲んだCH. ペビィ・フォジェール'01の印象があまりにも良かったので、ネットでボジョレー・ヌーヴォーを買った際に一緒に注文した。本当は'98年も飲んでみたかったのだが、そちらは売切れだった。

くすんだ、不透明な濁った赤色。黒みはそんなに強くない。

香りは強めで押しが強い。抜栓直後は、メルロー由来のふくらみのある果実香と若い少しだけ過剰な樽香。ちょっとワザとらしい香りだ。1日置くと赤い果実の皮の感じやアルコール感が強くなり、全体が馴染んで非常に落ち着いた雰囲気になる。ミントや印刷したての本のような匂いもして結構複雑だ。

味わいは抜栓直後は、口内に広がる果実のふくらみと樽の風味によって、前半部分は「おっ!」と思わせるが、後半の痩せた水っぽい印象に多少の失望感を感じた。中盤から後半にかけての変身を期待して翌日に半分を残したところ、見事に期待に応えてくれた。果実感や前面に出過ぎていた樽の風味が控えめになり、中盤の厚みや旨味感がぐっと強くなった。終盤にはこなれ始めたタンニンがビリビリと舌を振るわせ、しっかりとした「渋美味しい」手応えがあった。

2000年の良いところが引き出された、なかなかのワインだと思う。W.A.を見たところ90-92点で、「Sleeper」、飲み頃は「'06年~」となっているので、タンニンの状態からも、これから徐々に良くなってゆくワインなのだろう。この価格でこれだけの味わいが得られるのは、最近ではめずらしいことだ。ある程度の時間を観察しながら飲み、味わいを引っ張り出せるのならば、絶対に納得出来ると思う。

(記:2006.11.27)

Continue reading

CH. ペビィ・フォジェール '01 [サンテミリオン]

すごく濃い色合いで、ほぼ『黒』。エッジの部分のみ僅かな幅で透明な赤黒色が見える。

香りは中程度からやや弱め。樹脂、米国製のプラスティック製品、アメリカのオフィス、ビニール、酸の風味など。どこか人工的でハウスシックの原因となるような臭いと、自然な香りが混じり合い、結果として割りといい感じの香りになっている。何故だろう???

味わいは意外にも滑らかで優しく、ストレートな旨味感のある味わい。'01年のマイナスイメージである薄さや酸味は微塵も感じられない。アフターに若干の粗さが残るが、全体としては丸く磨かれていて、なかなかの味わいだ。美味しい。

初めて飲んだシャトーだが、「いい経験をした」と思える味わいだった。今後ちょっと注目してゆこうと思う。

(記:2006.7.16)

Continue reading

Index of all entries

Home > ボルドー > | サンテミリオン > CH. フォジェール Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top