Home > ボルドー > | ペサック・レオニャン > CH. オー・ブリオン Archive

CH. オー・ブリオン Archive

CH. オー・ブリオン '04 [ペサック・レオニャン]

ギリギリ向こうが見えるかどうかの透明度。黒みの強い暗い赤色。エッジは赤みが強く、粒子が見える。

香りはやや強めで、廻す前はインクの印象があり揮発感が強い。グラスを廻すと、杉林、よく練られた甘い香りなど。完全に開いている訳ではないが、楽しめる内容に変化する。よく熟したいちじく、甘いケーキの香りなど、私好みの香り。

味わいはミネラル感や少しの酸味など。明らかに飲み頃ではない。若干の水っぽさがあるが、ミネラル感、その他の味わいの要素、タンニンから、比較的早くに熟成し、美味しく成長しそうな素質を感じた。

渋さや酸を楽しめるタイプの人ならば、今飲んでも良いと思うが、10年程度後に飲んだ方が面白いと思う。将来的には更に上昇する。ただ、価格は¥22,000~¥23,000くらいになって欲しい。

(記:2009.12.26)

Continue reading

ラ・バーン・ド・CH.オーブリオン'97 [ペサック・レオニャン]

http://dabun.org/wine/2000/09/ch-21.html#extended

9年程前に、すき焼きに入れて複数本飲んでいたワイン。当時は¥3,980くらい。割と気軽な存在だった。

全体に褪色が進みつつあるが、まだまだしっかりとした赤黒色を保っている。エッジはかなりオレンジがかっている。

押し出しが強い、飛びつきたくなるような香り。青草の要素と甘さの要素が絶妙のバランスで混じり合っている。

完全な飲み頃を迎えており、すごくいい味わい!上記、ファーストリリース時の味からは全く想像がつかないくらい旨い!怪奇現象だ。チーズの風味、完全に熟成して存分に発揮されている旨味感。97年の上級ワインに良くみられる大変身が、顕著な形で現れている。

絶対的に買い得なワイン。15%offチケットを利用して、即3本購入した。

(記:2009.9.23)

Continue reading

CH. オー・ブリオン '01 [ペサック・レオニャン]

しっかりとした色付きだが、全体的に薄っすらと褪色が始まっている。

香りは中程度で、それほど外向的ではないが、突っ込んでゆくと実に魅力的な香りを見せる。複雑性がありシャープで、かつほのかな甘みを感じる。上質な香りに鼻の奥や脳がくすぐられるようだ。(註:全般に少し繊細な香り。インパクトの強いワインには負けるので注意が必要。出来れば単独で楽しむのが良い)

味わいは薄い。その中でオー・ブリオンらしさを出している(土や腐葉土の風味など)。酸が強い味わいで、後半からアフターにかけては、程よい渋みと調和してまあまあ良い状態になっている。悪くはないが、良作年のオー・ブリオンをイメージすると少し寂しい思いをすると思う。

'01年は、オー・ブリオンのようなタイプのシャトーには難しい年だったと思うが、いかんせん物足りない印象を持った。酸味と合う料理に合わせるか、じっくりと香り中心に楽しむかするのが良いだろう。現状の濃度から更なる向上の可能性は薄いと思う。

(記:2007.9.15)

Continue reading

CH.バーン・オー・ブリオン '03 [ペサック・レオニャン]

全体にしっかりとした色付きの赤黒色。透明度が高い。期待を駆り立てる色合いだ。

香りはやや強めで、ミントアルコール、タイムなど。それに汗や干し肉の要素もある。

味わいは滑らかで厚みがある口当たり。しっかりとした酸味とタンニンが後半にボリューム感を持たせ、アフターは渋美味しくいつまでも余韻を口内に残す。

いつものVintageと比べて果実感が強いが、期待する内容は充分に備えている。渋みが良質の魅力的なワインだ。

(記:2006.4.18)

Continue reading

CH. バアアン・オー・ブリオン '02 [ペサック・レオニャン]

若い赤紫色を暗くした色で、向こうが見透かせるか見透かせないかギリギリの色合い。エッジは透明感がある。

香りは中程度で若干焦げたようなニュアンスを纏い、その後ろにカベルネ的な若いぶどうの香りがする。全体にちょっと閉じているようで全開感がない状態だ。

その反面、味わいは外向的。滑らかな口当たりの後、中盤には旨味感が口内に広がる。酸味も適当で、後半からアフターにかけてのタンニン、酸味、ミネラル感のバランスも心地良い。ただし、ほんの少し厚み感に欠け、戻り香や余韻の樽の印象がこなれていない。

主に若さから来るマイナス面は確かにあるが、潜在能力を感じ、価格次第では買い得なワインだと思う。

(記:2005.10.9)

Continue reading

ラ・バーン・ド・CH.オー・ブリオン'94 [ペサック・レオニャン]

1度飲んだ直後、2年ほど前に追加購入したボトルである。すき焼きのお供にストックしておいた。ストックしたはいいがセラーは満杯であり、1度目の夏を常温で過ごさせてしまった。今年の夏は、念願かなってセラーを増設したため庫内で保管することができた。さて、状態はいかに・・・。

相変わらず黒ずんでいるが、2年前と比較してエッジの部分に熟成を感じさせる色合いが見え始めた。グラス面に残る脚の量は変わらず多い。香りは瓶熟香がでているが、ややヒネていてクセがある。「マディラのような」と表現される香りが確かに混じっている。口に含むと意外にも果実味が開いており、2年前に飲んだ際よりも強い。2年前の状態がやや閉じ気味だったのかもしれない。タンニンは和らいでいて、前回感じた「渋々でおいしい」ワインとはちょっと雰囲気を違えていた。渋みが後退して酸味が前面に出てきた感じだ。僕の期待とは違っており、ある部分で高温劣化の影響が見られたが、それを差し引いてもおいしく飲むことができた。すき焼きとも合っていたと思う。実は週末に「やまや」のセールで同一vintageを追加購入したので、機会をみて比較してみたい。

Continue reading

ラ・バーン・ド・CH.オーブリオン'97 [ペサック・レオニャン]

以前94年をすき焼きと共に飲んだことがある。そのときの印象があまりに良かったので、最新のvintageをセールの際に購入した。

94年が黒ずんだ色だったのに対して、97年はエッジの部分が明るい赤色をしている。香りもフレッシュな感じが強く、塗料系の匂いの中に果実感が混じっている。香りだけ取れば97年の方が、ある程度熟成したvintageよりも楽しめる。グラスを廻すと、それなりの脚を壁面に残し、アルコールとほどよいタンニンの存在を期待させる。口に含むと控えめな果実味が感じられ、気を付けるとごく僅かな甘味もある。アルコール感は強く、早々に胸が熱くなってくる。それに続くタンニンがグラスを重ねるごとに蓄積し、序々に良くなってゆく点では94年と共通しているが、やや水っぽい印象もあり。もう少し熟成を重ねると更に向上するようにも思えた。暑さのせいで毎日少しずつ飲んでいったが、4・5日目でも十分楽しめる味わいであったのにはビックリ。ちょっと評価を高めにしておいた。

Continue reading

Index of all entries

Home > ボルドー > | ペサック・レオニャン > CH. オー・ブリオン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top