Home > ボルドー > | ポイヤック > CH. ピション・ロングヴィル・バロン Archive

CH. ピション・ロングヴィル・バロン Archive

CH. ピション・ロングヴィユ・バロン '99 [ポイヤック]

未だしっかりとした色付き。中心部は黒の強い赤黒色。エッジは鮮やかな赤。

かなり強い焦げ臭。その裏に汗や肉、果実香。焦げ臭ファンには、たまらない香りだと思う。私は好きだ。

口当たりは滑らかで、とても美味しい。こなれている。必要十分な果実感と旨味感を残しながら、不要な部分を削ぎ落としている。アクセントとしてミネラル感すらある。飲み進むと酸が少し強くなるが、これもまた味わいのインパクトを増すことになり魅力的。アフターには味わいに応じて強くなるほろ苦さあり。

諸手を上げて歓迎したくなるような味。¥8,400(半額セール)ならば極めて妥当だと思う。買おうか検討中。

(記:2009.9.23)

Continue reading

CH. ピション・ロングヴィユ・バロン '70 [ポイヤック]

くすみ枯れてはいるが、依然しっかりとした赤黒色を残している。やや濁りがある。

強くはっきりした香り。強い個性を持っている。鶏小屋、鶏糞、どこか甘い香り。肥料系の要素が目立つが、グッと濃厚な香りで魅力的だ。

酸の印象が支配的でヒネた感じもあるが、旨味感が明確でなかなか面白い。香りと連続性のある同系統の味わいで、やはり濃さが良い。飲み進むと酸味がどんどん口内に蓄積する。

強い個性を持った味わいが健在。ただ下り坂なことは確かなので、早くに飲んだ方が良いだろう。

(記:200X.X.XX)

Continue reading

CH. ピション・ロングヴィユ・バロン '01 [ポイヤック]

くすみ、褪色が少し進んだ色合い。元々はエッジまでしっかりと色付いていたようだが、今や全体的に透明感が入っている。

香りはやや強めでハッキリしている。焦げ臭をベースに適度に、また上品に熟成した果実香が加わり楽しめる状態。少し焦げ臭の割合が多く、最良とは言えないが甘くうっとりする余韻を長く残す香りだ。

味わいは閉じている。また水っぽく真価を発揮していない。それでも楽しめるだけの美味しさがあるのはさすがだ。果実感は閉じこもって芯があり、苦味にはザラつきがある。後半のタンニンは割と良い状態で、渋美味しさを提供してくれる。

ポテンシャルは感じるが今は飲み頃ではない。全く真価を発揮していないが、ある程度美味しく飲めてしまう地力に感心した。

(記:2007.9.15)

Continue reading

CH. ピション・ロングヴィル・バロン '00 [ポイヤック]

中心部は透明感あり黒みの強い赤色。エッジの部分は黒い赤紫色。

香りは中程度からやや強め。甘い赤い花、ふくらみがあり体に浸透してくるような甘さ。刷りたての本から匂うようなインク、墨。ビニール。しばらく置くと焦げ臭が強くなり、カラメルのような風味も出る。

味わいは滑らか。やさしい味わいだが、やや痩せ気味だ。ミネラル感、塩気、酸など全体のバランス感はとても良い。上品な酸は、酸味を美味しさの中心に据えたフルーツを食べているようだ。アフターのインパクトが強く、ほのかな樽香は上品だが、ミネラルや酸は少々強過ぎで、まだこなれていない。今後の熟成によるポテンシャルを感じさせる。

良いワインだとは思う。だがこの価格は高すぎだ。

(記:2005.12.18)

Continue reading

Index of all entries

Home > ボルドー > | ポイヤック > CH. ピション・ロングヴィル・バロン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top