Home > ボルドー > | ポイヤック > CH. ラフィット・ロートシルト Archive

CH. ラフィット・ロートシルト Archive

CH. ラフィット・ロートシルト'05 [ボイヤック]

透明感あり。しっかりとした色付き。

複雑性ある香りで、ミントのようなクールさ、ユーカリ、肉っぽいニュアンスもある。

味わいは薄めだが、旨さは明確で、よく整っている。とてもキレイで、05年らしさを残しながら、うまく熟成していると思う。アフターはすっと無くなるような印象で、やや物足りなさを感じた。

(記: 2013.9.26)

Continue reading

カリュアド・ド・ラフィット'05 [ポイヤック]

しっかりとした色付きの赤黒色。透明感がある。

よく練られた甘い香り。干しぶどう、クールさ、ケーキのようなふくらみある甘さなど。

柔らかい口当たり。中盤は凝縮感あり充実している。後半部分からは、全体によく調和した酸が現れる。アフターにはミネラル感。

2ndワインとは思えない素晴らしさ。

(記: 2013.9.26)

Continue reading

CH. ラフィット・ロートシルト '03 [ポイヤック]

艶の消えた黒みの強い赤黒色。エッジは赤みの強い透明。リリース当初と較べると本当に薄くなった。

廻す前の香りはラフィットらしい鉛筆と杉林。その他、ぶどうの皮やローストしたコーヒー豆。廻すと揮発感、ミント、ほのかな甘い果実香が出るが、全体としてはロースト香に負ける。とても上品な香りで素性の良さは明らかだが、今は嗅ぎ頃ではない。

味わいは、甘く熟した果実感が前面に出ている。'90年のボルドーのように、やや緩い印象がある。弱めの甘さがあり、アフターはミネラル感と適度な旨味、果実味、酸味があるが、苦みが少し強く残る。また後半においては酸とタンニンに若干のザラつきがある。果実感を始めとする味わいの要素が後退している。ポテンシャルは感じるが、中抜け感があり、閉じているようだ。(あるいは熱が入っている可能性が高い)

かなりのポテンシャルがあるが、PP 100点とは言い難い。果実感から判断して状態が疑わしい。

(記:2009.12.26)

Continue reading

カリュアド・ド・ラフィット '03 [ポイヤック]

黒みの強い赤黒色。03年特有の紫の印象がそれほど強くない。しっかりとした色付きだがエッジの部分は透明感がある。

香りは中程度で、アルコール、スミレ、黄色い花(マリーゴールド?)、赤い花、汗など。多彩な要素が、うまく溶け合って調和している。心地良い香りだ。

ストレートに訴えかけてくる旨さがあり、インパクトはチリワイン並み。初めて飲んだカリュアドは'94年物だったが、その時の硬い印象がウソのような外向的な果実味と甘味のオンパレード。途中一瞬平板さを感じさせる部分もあるが標準を遥かに超える味わいだ。アフターには僅かに芯が残る(熟成と共に解消する程度)。

90年代の並Vintageのカリュアドとは全く違う印象のワインだ。この2ndから推察する限りでは、ラフィットの出来はかなりのものと思われる。ラフィットはプリムールで唯一購入できた1級シャトーなので、将来飲むのが楽しみになった。

(記:2006.3.3)

Continue reading

CH. ラフィット・ロートシルト '66 [ポイヤック]

かなり熟成が進んで透明感が高く、褐色化とオレンジ化が進んでいる。

香りは強めでハッキリしている。鉛筆と果実の香り・・・期待通りのラフィットの香りだ。甘さ、焦げ、酸のバランスが絶妙で、開いておりインパクトが強く、非常にこちらに訴えかけてくる。枯れた風味だけでないプラス・アルファがいくつも見つかるため、ずっとグラスに顔を突っ込んで香りを嗅いでいたくなる。

味わい前半は枯れきっている。控え目な旨味があり、上質のよく澄んだコンソメ・スープを飲んだときのような美味しさを連想した。後半は適度な酸があり、鼻に樽香が抜けてゆく。飲み進むと酸と渋みが蓄積し、印象的なほどアフターが力強くなる。

まだまだ生きており、これからも保ちそうなワインだ。

(記:2005.12.18)

Continue reading

CH. ラフィット・ロートシルト '34 [ポイヤック]

3杯目のこのグラスはシャトー蔵出し。

透明感が高いが、しっかりとした暗いルビー色。エッジは褐色化と透明化が進んでいる。また液中に赤い粒子が見える状態。非常にキレイなブルネロを見ているような印象だ。

香りは中程度からやや弱め。甘いドライフルーツ、揮発性の高い香水など。奥の方に引っ込んでいるが、注意深く嗅ぐと妖しい魅力を持っている。

味わいの前半は比較的平板で酸っぱい感じだ。若干のヒネた風味もある。後半になると1級シャトーの面目を保つような力強さ、たくましさが口内に展開する。飲み進むと口内に、酸味、苦味、酵母のような風味が徐々に蓄積し、旨味感へと発展する。余韻は非常に長く素晴らしい。

最初の印象は良くないが、飲み進むほどにたくましい味わいが喜びを与えてくれるグラスだった。

(記:2005.9.19)

Continue reading

CH. ラフィット・ロートシルト '02 [ポイヤック]

黒みの強い赤紫色。エッジの部分は赤紫色。

よく開いていて強く非常に心地良い香り。ラフィットらしい焦げ臭、汗、アルコール、ミントなど、明らかに1級シャトーの格を備えた素晴らしい香りだ。

味わいは「美味しい」。素晴らしいバランス感と旨味感、ふくよかな果実味、よくこなれた旨味が口内にじわっと広がる。後半の酸味とタンニンもしゃしゃり出ず、程よいアクセントを余韻に残す。飲み続けるとやや酸の強さが目立ってくる。

ラフットや1級シャトー同士での比較では「最高」ではないが、確実に1級の平均点以上の品質を持っている。プリムールで買っておいて良かった!

(記:2005.10.9)

Continue reading

CH. ラフィット・ロートシルト '00 [ポイヤック]

以下の5つのワインは、3月27日にENOTECA広尾本店の「PARKER'S HIGH SCORE 2000 BORDEAUX」テイスティングで飲んだもの。昨年来、広尾本店の独自企画テイスティングは力がこもっており、価格的にも出血大サービスなので非常に嬉しい限りだ。高村店長ありがとう!

R.P.100。とても濃くエッジまでしっかりと色付いている。エッジの部分のみ透明感がある赤黒色。

香りは中程度からやや強め。ロースト香、ミント、アルコールが香りの中核になっている。次にぶどう果実のふくらみやハーブの香りも現れる。他に絵の具など。とても良い香りだが、「決定的!」と叫べるほどではない。

口に含むと、旨味感があって飲みやすい。非常に旨味要素のバランスが取れている。また杯を重ねるごとに旨味が上塗りされていって、徐々に美味しさが増してゆく。全体にうまく纏まっており、丸く収まっている感じだ。アフターも長く、脳が美味しさを覚えているのか印象がフラッシュ・バックする。

文句無く美味しいワインだが、現時点で100点とは思えない。まだまだ若く全然飲み頃ではないので、10年以上後にまた飲む機会があれば良いと思う。今後、向上することは確か。

(記:2005.4.2)

Continue reading

Index of all entries

Home > ボルドー > | ポイヤック > CH. ラフィット・ロートシルト Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top