Home > イタリア > オルネライア Archive

オルネライア Archive

オルネライア '98 [オルネライア]

200202-04.jpg本ボトルは、ヤマト運輸が誤って冷凍倉庫に入れたらしく、カチカチに凍って届いたうちの1本。ほとんどのボトルが液漏れを起こしていた(外部に漏れた液体も凍り付いていた)が、たまたま液漏れのないボトルもあったので試飲してみた。ちなみにコルクは半分以上飛び出していたので、素手で抜くことができた。
 なお、本事故へのWassy'sの対応は素晴らしく、速やかに事故の原因究明に動くと共に、代品を準備し送ってくれた。評判に違わぬ優良店で、ますます好きになった。

 赤黒い、血のように濃い色合い。エッジの部分は透明だが、中心部分は向こうが見えない状態。多めの脚を残す。香りは強めで、良質の若いボルドーを思わせる青草、牛乳、バニラ、アルコールなど。心地良い香り。口に含んだ瞬間、果実感や甘みがあり滑らかだが、すぐに強めのタンニンが押し寄せて、渋おいしい状態に変化する。余韻は長く、まだこなれていないタンニンが喉の奥を刺激する。まだ発展途上のワイン。今後更に向上するだろう。また、状態が万全のボトルであれば、もっと果実系の味わいが強いような気がする。近いうちに非凍結版のボトルも試飲する予定。
(記:2002.2.12)

Continue reading

Index of all entries

Home > イタリア > オルネライア Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top