Home > アルゼンチン > ボデガ・チャクラ Archive

ボデガ・チャクラ Archive

TREINTA Y DOS32 '09 [ボデガ・チャクラ]

柔らかく、誰が飲んでも飲みやすい。一方で玄人向けには少し物足りない。複雑性が足りずややフラットで、もうひと押しがない印象。そして、言われなければピノ・ノワールだと気づけない。

--------

透明感がある、ややくすんだ色合い。黒みの強い赤色。エッジは黒みのあるピンクで粒子が見える。

強めの香りで、ダークチェリー、ゴム、カシスなど、甘く芯が残る、揮発感が強く、リキュール系の雰囲気もある。

味わいは甘く前半にインパクトがある。また、ミネラル感が中盤から後半にかけて強く現れる。後半では、程よい収斂味と柔らかさがうまく同居している。複雑性がもう少し欲しいところ。

(記:2013.6.29)

Continue reading

Index of all entries

Home > アルゼンチン > ボデガ・チャクラ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top