Home > イタリア > フレスコバルディ Archive

フレスコバルディ Archive

ブルネロ・ディ・モンタルチーノ リゼルヴァ'00 [フレスコバルディ]

濃く、黒く、濁りのある赤黒色。エッジのみ赤色で粒子が見える。

明確な香り。ブルーベリーのジャム、インク、ミント、山椒、ケーキのような美味しそうな香り。お菓子的ですごく好みの香りだ。

味わいはクリーンで厚みのある果実感、ミネラル感、飲み進むと現れる渋みと苦み。全体に可愛らしい果実感があり、渋みがそれを引き締めている。飲み進むほどに後半の渋みが強くなる。

果実感を中心に非常に好感が持て、かつ緩みのないワイン。価格次第で買おうと思ったが、¥16,800と聞いて思いとどまった。

(記:2010.1.3)

Continue reading

フレスコバルディ ブリュット '04 [フレスコバルディ]

中程度の黄色。少し大きめの泡がゆっくりと立ち上がる。

香りは白い花、あまり甘みのないグレープフルーツ。地味な香りだ。

口に含んで最初に感じられるのは軽い甘さ。中盤以降は重い印象に変化する。前半と後半の印象が対称的。泡はごく普通の感触で上品さが足りない。アフターにはやや強めの苦さがジンと残る。

悪くもない、良くもない。ボトルで購入することはないと思う。

(記:2009.9.22)

Continue reading

テヌータ・ディ・カスティリオーニ '06 [フレスコバルディ]

黒みの強い赤黒色で、ギリギリ向こうが見えるか見えないか。エッジは赤色。

香りはミント、杉林、控えめの果実感、アルコール。ちょっと物足りない部分もあるが、やや控えめな香りが私好み。よくこね廻すと、肉やスミレの要素も出る。最初大人し過ぎる印象が、中庸でクール感ある楽しめる香りへと変化してゆく。

柔らかくシルキーな口当たり。じんわりと立ち上がる旨味感。後味の強さ、長さ、ほろ苦さ。どれを取っても私の好みに合致する。濃くなり過ぎず、必要十分の厚み感。中庸でしっかりとした味わい。

この価格帯のワインはあまり買わないのだが、これはすぐに3本購入した。お奨め!

(記:2009.9.21)

Continue reading

Index of all entries

Home > イタリア > フレスコバルディ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top