Home > 南アフリカ Archive

南アフリカ Archive

カベルネ・ソーヴィニオン '07 [ベロウズ・ロック]

ややくすんだ暗い赤黒色。中心部はギリギリのところで透明。エッジは枯れた赤色。

焦げ過ぎに感じる樽香。それにバニラ。オークに特殊処理をして焦がしたような感じ。ちょっとわざとらしさがある。他に男性用香料の香り。

滑らかな口当たり。可愛いが明確な果実感。少し強めの渋み。全く期待せずに飲んだのだが、かなりいい!!後半の苦みにやや芯があるが、全般的によく味わいが馴染んでいて好印象。少し強めの渋さがアフターで口内に留まり、樽の風味と合わさって美味。

価格から考えると素晴らしい味わいのレベルだと思う。

(記:2009.9.21)

Continue reading

スターク シャルドネ '99 [NEIL ELLIS]

2本目にテイスティングしたワイン。過去に本HPで、このワイナリーのピノ・タージュとソーヴィニオン・ブランを紹介している。色合いは白みを帯びた非常に淡い黄色。フレンチオークに由来する「くせの強い作り手のピュリニー・モンラッシェ」のような樽の香りが強く、最初に嗅いだ瞬間は反感すら感じた。もう一歩間違えれば、樽内で汚染されたワインのような印象だ。ところがグラスを廻して杯を重ねるうちに、その第一印象は解消され、それなりに楽しめるワインに変化していった。味わいにおいても多少クセはあったが、グラス1杯のベースでは、価格の割にはなかなかのワイン。ただし樽の風味が強いので、ボトルで飲むと後半飽きが出るかもしれない。

Continue reading

ローレンスリヴァーヴァレー '98 [モルゲンスター]

カベルネとメルローを混合したボルドースタイルのワイン。ボトルで¥2,000台後半とのこと。色合いは明るい原色系の赤色で、はっきり言って安っぽいワインの色をしている。香りは強めで、スパイスやハーブ、青草のような風味があり、少し若い感じがするがなかなか複雑。口に含むとそれなりの旨み感があり、やはり青草のような雰囲気があって、ボルドーの若い上質ワインっぽい。しかし後味の部分が物足りなく、せっかく香りと口当たりで盛り上がった印象が、いきなりストンと落ち込んでしまう。そして物足りなさを補うために、次の一杯についつい手が伸びる・・・。思わずカウンターの店員に漏らした感想が「もう少し渋くてもいいんじゃないか?」。香りと口当たりが良いだけに、なんとも不満が残るワイン。初心者には、かえって飲みやすいかもしれない。

Continue reading

Index of all entries

Home > 南アフリカ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top