Home > 南仏 > ヴィユー・テレグラフ Archive

ヴィユー・テレグラフ Archive

シャトー・ヌフ・デ・パフ '98 [ヴィユー・テレグラフ]

既にデザートワインを飲んで「お帰り態勢」に入っていたのだが、カウンターの店員さんと隣に座った人にそそのかされて(?)、僕が極めて不得意とする南仏ものに挑戦してみた。赤ワインをじっくりと意識して飲むようになって数年が経過するが、「シャトー・ヌフ・デ・パフ」を飲むのはこれが初めて!!

 香りを嗅ぐと予想した通り、ローヌ系の(カベルネ・フランなどに感じられる)スパイシーな香りがする。条件反射的に苦手な香りだ。しかし口に含むと味わいが極めて複雑かつ濃厚で、ぶどうのブレンドがいい方向に働いていることが確認できる。ローヌ特有の漢方薬のような風味も複雑な味わいの一要素として溶け込んでいる。余韻が長く、満足感も十分。杯を重ねると、最初に苦手と決めた香りも、だんだん心地良くなってくるから不思議だ。おそらくローヌのワインをおいしく感じたのは、これが初めてであろう。優秀なワインだと思う。

Continue reading

Index of all entries

Home > 南仏 > ヴィユー・テレグラフ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top