Home > 競馬 Archive

競馬 Archive

生まれて初めての万馬券

  • Posted by: sei
  • 2005年12月25日 16:42
  • 競馬

競馬を初めて16年目に入ったが、昨日の中山大障害で生まれて初めて『万馬券』を取った。

競馬を始めたごく初期の頃、寺山修司の著作に触れて「単勝中心」の馬券術に傾倒したのが万馬券を取れなかった主な原因だ。ちなみに単勝2点買いした馬が1・2着、馬連が万馬券・・・でも買っていない、というケースを何度も体験している(スペシャルウイークのJCとか)。

昨日の中山大障害も単勝主体の買い目だったが、ついでに4頭BOX買い(各200円)したものが的中した。2着のメルシーエイタイムが私の狙いの1頭だったのだ。

そういえば15年前の菊花賞で初めて馬券を買った馬は「メルシーアトラ」という同じ馬主の馬だった。結果は4着。1着はメジロマックイーン、2着はホワイトストーン、3着はメジロライアン。雨の渋谷場外で行列に並び馬券を購入し、家に帰ってテレビで観戦した。

その後メルシーアトラは日経新春杯を快勝し、産経大阪杯から天皇賞を狙ったが、その大阪杯の4コーナーで骨折し予後不良になってしまった。初めて馬券を買った馬が予後不良になってしまったのだ。

そのしばらく後に競馬関連書籍を読んでいたところ、寺山修司がメルシーアトラの母「マミーブルー」という牝馬について書いている随筆を読んだ。それは勿論メルシーアトラが活躍する前に書かれたものだから、現役時代も不遇、繁殖に上がっても今一息の成績しか挙げられないマミーブルーを哀れみ、今後の活躍を期待する内容だった。(ちなみにマミーブルーは、この後にメルシーステージを産んでいる)
--------------------

中山大障害の結果に話しを戻すと、昨日の3着馬はメジロライアン産駒。「やっぱりライアンは3着なの?」と思ってしまう。本当に「血の連続性」を感じずにはいられない。

次の万馬券は、いつ取れるのだろうか?相変わらず単勝主体の馬券購入は止める気はないから、15年後くらいにひょっこり取れるかもしれない。願わくは今回のように大好きなレースで大好きだった馬の面影を振り返らせてくれる組み合わせであって欲しい。

Index of all entries

Home > 競馬 Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top