Home > ブルゴーニュ > コルディエ Archive

コルディエ Archive

プイィ・フュイッセ レ・ヴィーニュ・ブランシェ '06 [コルディエ]

オレンジが入った中程度の黄色。

焦げ臭を中心に、甘い果実香、黄色い花の香りがする。

華やかでふくらみのある味わい。必要十分な可愛らしさがある。後半はミネラル感が強く、アフターでは塩辛さすら感じた。また、後半では酸が強くなる。

急いで飲んだのでコメントは短めだが、コルディエらしい優れた品質に思えた。過去に1本購入済みだが、3本の追加をお願いした。

(記:2010.7.30)

Continue reading

ブルゴーニュ・ブラン ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ '06 [コルディエ]

かなりオレンジが入った高級そうな、やや枯れた色合い。

よく練られた古さを感じる香り。草、ミネラル、白い花、柑橘類。

滑らかな口当たりで、バター、クリームなどの樽由来の要素が強く感じられる。とてもA.C.ブルゴーニュの樽感ではない。中盤は果実味十分で、後半に程よい苦み。中盤の賑やかさ、複雑性にかなりの好感を持った。アフターは少し重めで、重さと苦みが蓄積して喉の奥で重厚さを増す。

A.C.ブルゴーニュの範疇を大きく超えた1erレベルの味わい。価格次第だが、もし安く手に入るならば纏まった本数を購入したい。(ひとつ下のサン・ヴェランよりこちらの方が好みの味わい)

(記:2009.10.16)

Continue reading

サン・ヴェラン '06 [コルディエ]

オレンジが多めに入った輝きのある色合い。

外向的で押し出しの強い香り。レモン、グレープフルーツの皮など。力強い。ミント他、クールな揮発感もある。少し置くと焼いたマロンなどの要素も出て、ふくらみのある楽しめる香りに変化した。

味わいは、一つ前に飲んだブルゴーニュと比べると、くっきりとしている。ハッキリとした輪郭の果実味があり、酸がやや強い。後半の果実感に好感が持て、それに釣り合った苦みがある。クリアで良質なグレープフルーツの印象。飲み進むにしたがい、徐々に力強い味わいになり、中盤から後半にかけての充実感が非常に高くなる。

A.C.ブルゴーニュとは少し異なるタイプ。でも価格次第ではこれも購入してみたい。

(記:2009.10.16)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > コルディエ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top