Home > ブルゴーニュ > モメサン Archive

モメサン Archive

クロ・ド・タール '04 [モメサン]

しっかりとした「赤」を強く感じさせる色合い。

香りはやや弱めだが、要素としては揮発香が強い。ゴム、焦げた樽、クールなアルコール香など。じっくり嗅いでみると、焦げたゴムのような印象に変わってくる。

味わいは果実味があり、ミネラル感があり、強度が丁度良くとても好感が持てる。ただ少しコチコチした感じがして、まだ各要素がうまく馴染んでいない。またアフターの酸も飲むほどに口内に蓄積し、少し重くザラつきのある印象を与える。

まだ飲み頃ではない。潜在能力は感じるので今後の熟成により向上することは間違いない。少し気になるのは「雑味」を感じる点。少し昔の品質の劣るブルゴーニュに見られた「雑味」が見え隠れしているように感じた。熟成によるプラス要因と、この雑味によるマイナス要因が、どのように変化してゆくかが今後のポイント。 

(記:2007.6.23)

Continue reading

クロ・ド・タール '98 [モメサン]

しっかりと色付いた赤黒色。透明感があり艶を失いつつある状態。エッジには赤い粒子が見えはじめている。

香りはやや強めで、ヒネたような焼け過ぎたような印象がある。内装工事中の現場のような匂いがし、その後に甘い香りがじわっと出てくる。

口に含むと、はじめに滑らかさを感じ、後半にかけては力強いチーズを思わせる風味が現れる。素人も玄人も唸らせる包み込むような滑らかさ。中盤以降の厚み感や、ほんわかと口内に広がる旨味は満足度が非常に高い。

でしゃばったところがなく大人っぽく纏まっており、上品で好印象を持った。姿形の良いワインだ。

(記:2005.11.19)

Continue reading

メルキュレ '95 [モメサン]

yahooオークションで落札した。今年初めにモメサンのクロ・ド・タール95を購入したので、他の村名レベルのワインも飲んでみようかと興味を持ったのが入札のきっかけ。出品していた店は『ワイナート』にも紹介されていたので、案外有名な店なのかもしれない。

 やや薄めで透明度の高いルビー色。全体にうっすらと熟成を感じさせる枯れた色合いを纏う。香りはやや強めで果実香がメイン。他に汗など酸を感じさせる香りもある。味わいも果実味と酸味が主で、果実の感じは楽しめるが、やや単調で一本調子。旨み感も物足りない。後味は短めで酵母の風味が伴う。味わい全般を通じて、なんとなくガメイを混ぜたワインのように思えた。ガメイが苦手な僕の好みではない。ガスを注入して2日目の昼に飲んでみたが、ただの酸っぱいブルゴーニュになっていた。ただし酸味の強いオリーヴ入りのスパゲティにはそれなりに合った。

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > モメサン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top