Home > ブルゴーニュ > ランブレイ Archive

ランブレイ Archive

クロ・デ・ランブレイ '01 [ランブレイ]

結構褪色が進んでいる。くすんだ褐色が入り始めた透明感ある赤色。

香りは中程度だが、やや奥に引っ込んでいる。クールな香りの中に甘く可愛らしいバラとスミレの香りがある。

味わいはよくこなれており非常に飲みやすい。ミネラル感、枯れこなれた感じのある酸、ジリッとくる苦味感が良いバランスを保っている。

肯定的な意味でのエレガントさがあり、健全な熟成を経て飲み頃を迎えている。今飲むと絶妙のバランス感を味わえる。濃厚さはないが、しみじみとじんわりと楽しめる状態。

(記:2007.6.23)

Continue reading

ピュリニ・モンラッシェ ラ・フォラティエール '01 [ランブレイ]

かなりオレンジの強い、しっかりとした色合い。

やや弱めの香りだが、よく嗅ぐとソーテルヌ系の香りがする。具体的には、セメダイン、ハチミツなど、甘く幸せにしてくれる香りが揃っている。まるでセミヨンが混入したかのようだ。

味わいの前半では、日本産の非常によく出来たペアーを食べているような印象を持った。良い意味で、あっさりとした感じを残しながら、適度な味わいを提供してくれる。後半は一転して、ドンとくる苦味が舌の奥に残り、重厚が出てくる。飲み込んだ後に、じんわりと湧き上がってくる果実味とタンニンは非常に濃厚で、充実感があり嬉しくなってくる。

香り、味わい共に非常に個性が強く、驚きの連続だ。その個性が誰でもが楽しめる内容であるのが凄いところで、こんなワインが多く存在して欲しいと思った。

(記:2007.6.9)

Continue reading

クロ・ド・ランブレイ '02 [ランブレイ]

透明度が高く、一線級のGrand Cruでは例外的に淡い印象を与える赤黒色。

香りはやや強めで、人をうっとりさせる説明しずらい香りだ。デュジャック系の香りに近いと言えばいいのだろうか。シャープで人を惹きつける香りに加え、少しヒネたぶどう果実の香りがする。とても好みの香りで、この香りだけでハーフボトルを購入する決意が固まった。

味わいの前半は滑らかで、中盤はミネラル感、旨味、酸味がどれも優れており、満足感を与えてくれる。後半の苦味を主体にしたアフターは、やや芯を残すが非常に長い時間好印象を残す。また飲み進むとだんだんと酸が強くなってゆく。

味わいにおいて、やや平板な印象があり、もっと複雑性があると最高のワインだが、この状態でもとても素晴らしいワインだと思う。購入に値するブルゴーニュだ。

(記:2005.10.17)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > ランブレイ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top