Home > ブルゴーニュ > アルマン・ルソー Archive

アルマン・ルソー Archive

シャルム・シャンベルタン '03 [アルマン・ルソー]

透明感のあるくすんだ赤色。しっかりとした色付き。

香りはやや強めで、甘いイチジク、栗の花、獣、ゴムなど。結構ハッとさせられる香りだ。

味わいはエレガントで確かな旨味感がある。チェリーテイスト。ちょっとマロンの風味が鼻につくが、とても素晴らしい味わい。これは旨い。

(記:2006.8.26)

Continue reading

ジュブレ・シャンベルタン クロ・サン・ジャック '03 [アルマン・ルソー]

赤みと黒みの強い透明感ある色合い。とてもキレイだ。

香りは中程度からやや弱め。甘い赤い果実、絵の具、シンナー、汗、木樽など。全体に閉じ気味で、こちらから踏み込んでゆかないと、なかなか顔を見せてくれない。

味わいは甘い果実感が強い。「'03年らしさ」と「アルマン・ルソーらしさ」を同時に反映した味に思える。インパクトが強い味わいだが、うまく誘導して纏め上げている。力強さを感じ、長い熟成にも耐えると思う。アフターの苦みと果実味はまだ強く、ちょっとしつこい。こなれた状態でまた飲んでみたい。

(記:2006.7.15)

Continue reading

クロ・ド・ラ・ロッシュ '03 [アルマン・ルソー]

キレイで透明感のある赤みの強い色合い。アメリカなどでよく見られるキャンディのような人工的な赤さ。

香りは中程度でやや閉じ気味。いちじく、キャンディ、ゴム、シンナー、アクリル塗料、ローストしたアーモンド、コーヒー豆、チョコレートなど。

旨い!アルマン・ルソーらしい味わいにミネラル感、ややツンとした表情のタンニン。全体的に味わい強度が強くインパクトがあるが、ブルゴーニュらしい果実味と旨味のバランスを保ち、しっかりと提供してくれる。酸味は控えめで代わりにアルコール感が少し高い。余韻はほろ苦く、スミレの風味を伴う。

所有すれども過去にあまり飲んだことのない畑だが、クロ・サン・ジャックを凌ぐほど美味しかった。熟成したボトルを飲むのが楽しみだ。

(記:2006.7.15)

Continue reading

ジュヴレ・シャンベルタン '01 [アルマン・ルソー]

(R)Armand Rousseau-Gevrey Chambertin 01.jpg

湘南ワインセラーの正月「福袋」で購入。¥3,850はファースト・リリースより安い!

透明感を維持しながらピンクと赤をしっかりと濃くしたような、クラシカルなブルゴーニュ色。高級感があり高品質を期待させる。

香りはやや強めで、ダークチェリー、カシス、ミント、アルコール、獣香、アクリル塗料、汗、どこかにバニラのような要素もある。

口当たりは滑らかで、少し凝縮感が足りない優しい柔らかいタイプ。それでいて後半からは苦味や酸味が出てきてしっかりとした印象を与える。アフターは苦味と酵母の余韻が長く口内に残る。

3日間、窒素充填もせずに部屋に放置しながら飲んでいたのだが、2日目までは十分に楽しめた(要素や味わいの濃度は2日目の方が良かった)。見かけと違って意外にタフなワインだ。全体に柔らかい印象を与えるが、複雑性や上品さがあり、01年のワインとしてはとても良く出来ている。また水平の相対評価から離れて、絶対的な品質として見ても楽しめるワインだと思う。このくらいの価格ならば買って損はない。

(記:2005.2.13)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > アルマン・ルソー Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top