Home > ブルゴーニュ > フーリエ Archive

フーリエ Archive

ジュブレ・シャンベルタン V.V.'11 [フーリエ]

バランス重視でキレイに整えられている。誰が飲んでも美味しいと思える味で、素晴らしい造りだと思う。11年のワインとしては、酸もうまくコントロールされている。

--------

透明感ある薄めの赤黒色。よく見ると粒子が見える。エッジは透明度の高い赤色。

香りは、輪ゴム、焦げ臭、イチジク、よく熟した赤系果実、そのコンポート。甘いリキュール感もあり、とても楽しめる香りだ。

若干樽の印象が強いが、ストレートに「旨い」と思える第一印象。バランスがとても良く、突出して出しゃばる要素がない。やや凝縮感に欠けるが、控えめなミネラル感が丁度良い具合になっている。アフターの苦みが少し強いが、こちらも許容範囲内。

なお初めにゴムっぽさがあり不自然であったが、しばらく置くことで解消した。

(記:2013.9.23)

Continue reading

ジュブレ・シャンベルタン LES GOULOTS V.V.'11 [フーリエ]

透明感ある赤黒色。中程度の色付きで村名よりやや黒い。粒子が見え、エッジはピンク。

香りはやや閉じている。しっかりとした香りで、赤い果実、アルコール感、クールな印象、木樽の風味を感じる。閉じていることは明らかだが、今の状態でも十分に楽しめる香り。

とても飲みやすく、引っ掛かるところがない口当たり。中盤以降、味わいの複雑性が明確になり、後半の苦み、渋みにつながってゆく。後半の要素は強いが、前半から中盤の印象が強く残り、馴染みやすい全体像と充実感を与える。

飲み続けるとアフターにナッツ感が出てくる。また、口内に蓄積する渋みは美味しさに変わってくる。酸は徐々に強く感じるが、中盤のぶどう果実のニュアンスに存在感があり、全体のバランスが悪い方向に崩れることは無かった。

(記:2013.9.23)

Continue reading

ジュブレ・シャンベルタン CHERBAUDES V.V.'11 [フーリエ]

飲みこんだ後も長い時間余韻が残り、幸福にさせてくれる。素晴らしいワインだと思う。

--------

透明感あるくすんだ赤黒色。しっかりとした色付きだが、エッジの部分はピンク色。

リキュール的な香りで、うっとりする。赤い果実、焦げ臭が主体で、やや閉じている。ミントのようなクールさ、甘いコンポートのような要素が見え隠れする。

味わいは柔らかく飲みやすい。中盤は酸が適量、時間が経過するとやや強く、たくましくなる。後半のミネラルは豊富。ややもすると塩辛い。飲み進み口に馴染むと、アフターのロースト感、酸、ミネラル、旨みが巧く混じり合い心地良く伸びる。

(記:2013.9.23)

Continue reading

ジュブレ・シャンベルタン COMBE AUX MOINES V.V.'11 [フーリエ]

この日飲んだフーリエの中で一番のポテンシャルを感じるが、まだ飲むべき時期ではない。今飲んでも、全く味わいが整っていない印象を持つと思う。10年以上寝かせるのであれば選択肢になり得る。

--------

透明感があるが、非常にしっかりとした色付きの赤黒色。エッジはピンクで、赤い粒子が見える。

上記3種と比べると固い香り。インク、リキュール、可愛らしい赤い果実、酸化しつつあるイチジクなどの要素が感じられる。現段階では閉じており、よくスワリングすると、じりっと心地良い香りがにじみ出る。

味わいはミネラルを強く感じる。塩辛いくらいだ。この点を除くとバランスは良い。また味わいに厚みがある。塩辛いので飲兵衛向けか?アフターに樽香が喉から鼻に抜ける。

(記:2013.9.23)

Continue reading

モレ・サン・ドニ CLOS SOLON '11 [フーリエ]

上記のジュブレ・シャンベルタンの各畑と比べると、やや品質が落ちる。たくましく、がっしりとした酸中心の味わい。

--------

透明感あり、やや明るい色合い。しっかりとした赤黒色で、エッジの部分はピンク。

酸を強く感じる香り。やや過熟したぶどう果実、インク、アルコール。少し粗野な感じがする。しばらく置くと、塗料系の香りやハーブの風味がじんわりと出てきた。

味わいは、まず酸と土の風味。口内でじっくりと廻すと旨みが顔を見せる。全体は酸味が強くたくましい。

(記:2013.9.23)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > フーリエ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top