Home > ブルゴーニュ > A.F. グロ Archive

A.F. グロ Archive

リシュブール '99 [A・F・グロ]

しっかりとした赤黒色。エッジには透明感が出ており黒っぽい粒子が見える。

香りは中程度からやや強め。サロンパス、杉林、干し肉など、さわやかさを伴う複雑な香りだ。

味わいは非常に複雑で入り組んでおり、旨味感がある優れたものだが、やや酸が勝ってバランスを崩しているように感じられた。また少し水っぽい印象もある。アフターは渋みが心地良く、アルコールが胸を熱くする。

高い素質を感じさせるワインだが、先に飲んだモンラッシェに干渉されて印象が薄くなった気がする。最期に時間をかけて落ち着いて飲んだところ、だんだん良い印象に変っていった。単独で飲めばとても素晴らしいワインなのだろう。

(記:2005.2.13)

Continue reading

ヴォーヌ・ロマネ オー・レア 99' [A・F・グロ]

200208-04.jpg
5月連休始めの「やまや」のセールで購入。ポンソのモン・リュイザンの「ついで」にカゴに入れ、割と気軽に飲むつもりだったがここまで引っ張ってしまった。それにしても最近ブルゴーニュの良質生産者のワイン、それも1er cruや畑名付き村名が\2,980や\3,333で買えるのは嬉しい限りだ。ここ数回「やまや」のセールス・アイテム・リストの3本1万円コーナや\3,000を切る価格の部分を見るのが楽しみになっている。是非続けて欲しいと思う。

 赤を基調に非常に濃く黒味を帯びる色をしており、透明度はそれほど高くない。香りは中程度。ゴム、アクリル塗料、ローズマリー、タイム、新しい木材、松葉、畳表、汗、アルコールなど良質・複雑で期待感を高める。口に含むと豊かな果実味と共にじんわりと旨み感が広がるが糠喜びで、苦味が覆い被さって後味に続く。後味は中程度の持続で苦味が主体、酸味を伴い、芯を残しているような感じだ。香りは標準を超えブルゴーニュらしい喜びを与えてくれるが、味わいがまだこなれていないようで残念だ。あと数年待って後味にまるみが加わった後に飲んだ方が良かったのかもしれない。

(記:2002.8.14)

Continue reading

シャンボール・ミュジニー '97 [A.F.グロ]

今日は喉が痛いので、手ごろな価格の痛んでいるかもしれないワインをチョイス。今月飲んだマルキ・ダンジェルヴィルと同時に購入したボトルだと思い込んで抜栓したが、正月のセールで赤坂店で購入したものだった(ブルゴーニュ20%OFFセール)。

暗い赤色で透明度が高い。香りはやや弱めで、苺、カシス、スミレ、汗など。弱めの果実味と酸味が主体の平作年のブルゴーニュらしい味わい。アフターでは、ほろ苦さが感じられるが、持続時間はそれほど長くない。全体に水っぽい感じが伴い、悪いワインではないが物足りなさが付きまとう。この価格では妥当なところか。ちょっと低めの温度(13℃~15℃)で飲むとおいしい。

と初日に書いたのだが、窒素充填&冷蔵庫保存して2日目に飲んでみたら、状況が一変していた。基本的な味わいは初日と同じだが、全体に味わいに凝縮感が増し、甘みや旨みが満足できるレベルになっている。アフターも少し強くなり、タンニンが口内をキュッと引き締める。当初「▲」「▲」と付けていたが、それぞれに「+」を付け加えた。閉じ気味だったのだろうか?

Continue reading

サヴィニー・レ・ボーヌ クロ・デ・ゲット'97 [A.F.グロ]

ドメーヌ A.F.グロは、ジャン・グロの娘アンヌ・フランソワーズ(・パラン)によるドメーヌで、かの有名な「ジャン・グロのリシュブール」を相続している(A.F.グロは結婚前の旧姓を使用)。僕のお奨めの「ミッシェル・グロ」の妹にあたる人物である。

 97年のブルゴーニュにしてはかなり濃い色合い。ただしエッジの部分を見るとピンク色が表れている。抜栓直後に爆発的な果実香が溢れ、また良いブルゴーニュにみられる妖しげなアロマが感じられたが、10分ほどで汗の匂い、スパイスの香りを中心とした平凡な香りに変化した。味わいは凝縮感が強く、サヴィニー・レ・ボーヌであるとは信じられないほど。初日は果実味を中心にそれなりの複雑さが加わる。このワインの惜しい点はアフターで、極めて苦い。せっかくの果実味や複雑さを忘れさせるほど強い後味を残す。97年の葡萄から凝縮感の高いワインを作ろうとして、無理に成分を抽出したのだろうか?熟成によりバランスが取れれば良いワインになるだろうが、その可能性は低いかもしれない。 

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > A.F. グロ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top