Home > ブルゴーニュ > デュガ・ピイ Archive

デュガ・ピイ Archive

ブルゴーニュ ルージュ '02 [デュガ・ピイ]

少し古くなるが、4月10日にENOTECA広尾本店で飲んだブルゴーニュを更新する。下記5Glassで¥3,900。

赤紫を濃くしたような人工的な色合い。エッジは透明度のあるピンク。ちょっと不自然な人工的要素が強い色合いだ。

静止状態では香りは閉じているが、グラスを廻すとすぐにやや強め~強めの香りが立ち上がる。揮発香、インク、シンナー系の塗料、ベリー系の赤い果実など。

味わいは酸味と苦味が特徴の、それなりにバランスの取れた普通のブルゴーニュ。少し酸が勝っているようにも思えた。余韻は意外に長く、唾液を分泌させ食欲を増進する。

「よく出来たACブルゴーニュ」 or 「それなりの村名」というレベル。今の価格から考えると、購入対象としてはちょっと疑問符が付く。

(記:2005.5.7)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > デュガ・ピイ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top