Home > シャンパーニュ > PAUL DETHUNE Archive

PAUL DETHUNE Archive

ドゥミ・セック [ PAUL DETHUNE ]

やや濃いめで、ほんの少し緑を含む黄色。泡立ちは少し多め。

香りはミネラル系で、他にレモンの皮など。

味わいは甘く、ドイツワインを発泡させたかのよう。甘み~ほろ苦さ~発泡感という流れがあり悪くない印象。ほろ苦さが甘さを引き締める。

面白いことは面白いのだが、全体の印象にバラバラしたところがあり、総合的にみるとちょっと価格に見合わないように思える。

(記:2009.9.20)

Continue reading

ブラン・ド・ノワール [ PAUL DETHUNE ]

僅かにオレンジがかった黄色。盛大に泡が出ているが、きめ細かくキレイだ。

香りは、いい感じの汗、柑橘類。それほど個性がある訳でない。

味わいはクリーミーでありながら、要素が詰まった、しっかり、がっしりとした内容。中盤には甘みと旨みがふわっと広がり、後半には強いナッツ感が現れ満足できる。また後半からアフターに強い苦味があり全体を引き締めてくれる。

よく造られた味わい。意外な掘り出し物かもしれない。

(記:2009.8.8)

Continue reading

Index of all entries

Home > シャンパーニュ > PAUL DETHUNE Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top