Home > オーストリア Archive

オーストリア Archive

シュタイヤーマルク ソーヴィニオン・ブラン '07 [チェルモネグ]

透明に近い色合い。ほんの僅かに黄色。

ソーヴィニオン・ブランのいいとこ取りをしたような明確な良い香り。焦げた印象やソーテルヌのような感じもする。

味わいには火薬っぽさがある。少し芯がある。アフターはほろ苦さが果実感とうまく混じり、落ち着いた趣きがある。

甘さや果実感を抑え気味にして成功している。上質のソーヴィニン・ブラン+αという感じ。

(記:2009.8.13)

Continue reading

グリューナー・フェルトリナー・アハライテン・スマラクト '02 [フランツ・プラーガー]

やまやセールで青山一町目店を訪れた後に、95年のルイ・ジャッド シャルム・シャンベルタンを飲むために麹町店にハシゴ。しかし到着してみると痛恨のブショネで飲めず。仕方無くもう1本出ていたワインを飲む。オーストリアのワインだそうだ。

若緑を多く含む透明感ある黄色。おおっ!微発泡というレベルを超えて発泡している。

香りはやや強めでふくらみがある。青リンゴのチューインガム、リンゴの断面、柑橘類など。

味わいはドライで、それなりの構成感があり好感が持てる。ドライではあるが喉の奥に濃厚さが残る。この濃厚さは杯を重ねるにしたがい上塗りされ、口内に蓄積されてゆく。発泡感は見た目ほどではなく、気の抜けた上質のシャンパンといった感じだ。余韻の苦味は長く口内に留まる。よく出来たワインだが、どこかに寂しさを感じる。何かしら物足りない。

(記:2005.4.26)

Continue reading

Index of all entries

Home > オーストリア Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top