Home > 南仏 > ペラン Archive

ペラン Archive

シャトー・ド・ボーカステル '98 [ドメーヌ・ペラン]

参加メンバの1人 Iさん提供のボトル。

くすみのある濃い赤黒色で透明感はギリギリ向こうが見えない程度。

香りは、カシス、プラム、ブルーベリー、汗、体臭、ほんの僅かにガメイ系のニュアンスも。香りの要素は豊富だが、それがケンカせずにやや大人しめに纏まっており、下品さはない。

柔らかくやさしい味わい。洗練されている。複雑性があり賑やかさがある。強すぎない味わい強度で、バランスが整っており、確かな満足できる旨味感がある。この旨味感は空気に触れるにしたがいどんどん明確に、複雑になった。

熟成状態は今ひとつ。裏返せば、まだまだ伸びるワイン。今飲んでも十分に美味しいが、ちょっと勿体なかったかもしれない。

(記:2009.10.16)

Continue reading

シャトー・ド・ボーカステル '88 [ドメーヌ・ペラン]

全体に透明で枯れた色合い。エッジは褪色が進み粒子が見える。

明確な熟成香があり、複雑性がある。体臭、少しエッチな香り、チーズ、絵の具、キノコなど独特だ。

味わいは、酸がやや強いがこなれている。熟成からくる旨み、チーズ様の旨みと酸。インパクトがある。すごく古いGrand Vinが、キレイに熟成した状態。

酸味の中に旨みと生産者の個性が浮かぶ。すごく旨いワインだと思った。

(記:2009.10.16)

Continue reading

シャトー・ド・ボーカステル '90 [ドメーヌ・ペラン]

全体にくすみ、枯れ、暗い色合い。

落ち着きがあり、よく纏まった香り。複雑で、ハーブ、青草、揮発香、熟成香などがある。まだ完全に熟成しきっていないが、既に素晴らしい香り。

味わいも発展途上。複雑性あり、バランス良く、後半にはじんわりとした旨味、果実味。酸は後半からおっとりと出てくる。'88年より上品。

キレイな旨味、広がる華やかさと複雑性が素晴らしい。さすが90年だ。

(記:2009.10.16)

Continue reading

Index of all entries

Home > 南仏 > ペラン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top