Home > 南仏 > デスクラン Archive

デスクラン Archive

コート・ド・プロヴァンス ロゼ '06 [シャトー・デスクラン]

赤みが少し強い桜色。やや枯れた色合い。

落ち着いた香りで、ほのかに花粉、甘さ。上品さを感じる。やや引っ込み気味のやさしい香りだが、しばらく置くと複雑性が出て面白味が増す。

味わいは、ふくらみがあり、中盤には旨み、賑やかさがある楽しめる内容。旨味感は後半にも継続し、アフターは程よいほろ苦さ。この苦さは、だんだん口内に蓄積してゆく。なかなか良い。

満足感の高いロゼ。何より中盤の充実感がいい。ロゼワインとしては出色の出来だと思う。品質的には何ら問題を感じない。希望小売価格より安く入手できるならば購入の対象になる。(¥3,000台であって欲しい)

(記:2009.10.16)

Continue reading

コート・ド・プロヴァンス ロゼ レ・クラン '07 [シャトー・デスクラン]

透明感あるキレイな桜色。

先に飲んだ「コート・ド・プロヴァンス」とは比較にならないほど華やかな香り。最初は汗や体臭の要素のみであったが、温度が上がり開くにしたがって力強さを増し、ハッキリとした揮発香、ざくろ、若い果実などの要素が現れる。

味わいは、バランスが良く上品。カドがなく丸い。かなり旨いプレミアレベルのロゼ・シャンパーニュから炭酸を除いたような味わい。飲み進むとアフターの充実感を高める苦みが徐々に強くなる。

とても美味しいと思う。でも価格が折り合わない・・・。

(記:2009.10.16)

Continue reading

コート・ド・プロヴァンス ロゼ ガリュ '07 [シャトー・デスクラン]

透明感あるキレイな桜色。

複雑さがあり満足感の高い香り。青草、クールな揮発感、ボルドーちっくなニュアンスもある。

滑らかで上品。口内から喉に心地良く滑り落ちる。味わいの強度が中庸で、構成バランスが良いため本当に美味しいと思える。完成度が高く、洗練されている。

これまで飲んだロゼの中で間違いなく一番品質が高い。この時点で少し酔いが回って休憩が欲しい状態だったが、そんな不利な中でもスルスルと飲めた。素晴らしい味わいだ。

ただし、希望小売価格は頂けない。¥18,000では、もっとネームバリューのあるブルゴーニュ、ボルドー、加州のワインのかなりの高級銘柄が買えてしまう。間違いなく美味しいが販売面では苦戦しそう・・・。

(記:2009.10.16)

Continue reading

Index of all entries

Home > 南仏 > デスクラン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top