Home > ブルゴーニュ > A.P. ヴィレーヌ Archive

A.P. ヴィレーヌ Archive

リューリ レ・サン・ジャック(ブラン)'02 [A・P・ヴィレーヌ]

(R)A et P de Villaine-Rully les Saint Jacques 02.jpg

このワイン、2本購入したのだが先般飲んだボトルが「大ブショネ」。頑張ったのだが1/5も飲めずに流しに消えていった・・・。もう1本も何となく危険な気がして抜栓した。

淡い飴色。僅かに若緑色を含む。色付きはしっかりとしている。

香りはやや弱めで硬い。グレープフルーツの皮、白い花、鉱物、体臭(腋の下)など。ごく僅かに黄色系の花や蜜のニュアンスもあるが、あっという間に消えてしまう。1日目より2日目の方が分かりやすく開いていたように感じた(抜栓後は何も使用せずにコルクをして冷蔵庫に保管)。

味わいは、初日は酸味と苦味が中心のひたすら「平凡」な味わい。取りたてて誉める部分が少ない一方で、すごく悪い部分がないのがタチが悪い。2日目になると「柑橘果実のふくらみ」が生まれ、なかなか楽しめる要素が加わる。初日に見られたトゲトゲしさも緩和された。

ゆっくりと時間をかけるか、数日に渡って飲むワインのようだ。
(このクラスのブルゴーニュ白らしい味わい)

(記:2005.3.8)

Continue reading

Index of all entries

Home > ブルゴーニュ > A.P. ヴィレーヌ Archive

Links
Search
Feeds
Recent Comments
Recent Entries
Archives

Return to page top