Home > ブルゴーニュ > | メオ・カミュゼ > ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム '03 [メオ・カミュゼ]

ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム '03 [メオ・カミュゼ]

中心部は黒に近い赤色。エッジの部分は赤紫色。あまり透明感がなく、03年らしいといえばらしい色合い。

香りはやや強めだが、パストゥグランのような少し下品な押し出しの強い第一印象だ。酸味の強い赤い果実、揮発香、ほんの僅かなゴム臭など。ストレート過ぎる。

味わいは滑らかで飲みやすい。何故かボルドーのワインのような味わい。濃厚さはあるが若干平板で複雑性に欠ける。美味しいことは美味しいが、後半の展開や奥行きに、いま一歩足りない部分を感じてしまう。酸やタンニンといった下支えする要素の強度が不足しているのだろうか?

ある程度のレベルに纏まっており、飲み進むとそれなりに美味しいが、どうしても味わいが蓄積せず不満感が残ってしまう内容だ。2本購入してあるが、いつ飲むべきか非常に迷っている。

(記:2005.11.23)

Vintage:2003
地域: 仏: ブルゴーニュ
購入店: 小田急新宿 フランス物産展特設会場
価格(税抜き): ¥945/Glass (セールでのボトル販売価格¥9,000)
絶対評価(印): ▲++
コストパフォマンス: △+

Comments:3

shuz 2005年11月23日 23:49

実は私も同じところでこの銘柄を試飲してかなり違和感を感じていました。熟成の可能性とか将来性が予測しにくいですよね。(私の場合、結局注文がキャンセルになってホッとしていたりします。)ところで、以前のエントリーで聞きそびれましたが、「自己保管について疑問に感じ始めている」というのはどのような点で、でしょうか?興味があります。

SEI 2005年11月24日 11:14

自己保管に関する件は、月々のコスト面の圧迫が大きくなってきたために見直しを迫られている状況なのです(何しろ寺田倉庫で「顔パス」に近い状態になっていますので・・・)。

延命策としては、もっと保管料の安い横浜大黒埠頭の倉庫に一部を移そうとしています(根本的な解決ではないですが)。

以前、shuzさんが書かれたコラムのような金額シミュレーションを何度も頭の中で描いて、在庫圧縮を考えるのですが、今回のような経験やブルの入手困難度を考慮すると、在庫増は今後も続いてしまいそうです。

SEI 2005年11月25日 01:34

「今回のような経験」=ヴァンサン・ジラルダンの安い97年が自宅のセラーで見事に熟成した件です。

Comment Form

Trackbacks:1

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/651
Listed below are links to weblogs that reference
ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム '03 [メオ・カミュゼ] from DABUN.ORG:WINE
ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム '03 [メオ・カミュゼ] from wine.dabun.org 2006-07-17 (月) 22:05
昨年11月に新宿小田急の特設テイスティング・コーナーで飲んで若干失望した銘柄。半...

Home > ブルゴーニュ > | メオ・カミュゼ > ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム '03 [メオ・カミュゼ]

Links
Search
Feeds
Recent Comments
  • SEI: 「今回のような経験」 read more
  • SEI: 自己保管に関する件は read more
  • shuz: 実は私も同じところで read more
Recent Entries
Archives

Return to page top