Home > THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY > 116 (余市) Archive

116 (余市) Archive

Cask 116.7 (余市)"Mellow and bourbon-like" 15年 [THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY]

赤み、オレンジがとても強い褐色。

やや強めのアルコールが感じられる。まずバーボン樽、次にシェリー、塗料、ペンキ、ニス、焦げ臭など。シェリーのような華やかさと旨み。強いアルコールに由来する辛さ、厳しさ。加水すると、揮発性が増し、酸を感じるようになる。乾燥した葉巻の香りもあり。

味わいは豊かでメリハリがある。ふくよかな味わいで、少しの苦み、塩気、・・・余市らしく美味しい。加水するとッシャープさが出る他、アフターがとても長くなり、バニラと舌に残るジンとしたアルコール感がたまらない。

(記:2008.5.2)

Continue reading

Cask 116.5 (余市)"Euthymol smokers' toothpaste" 18年 [THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY]

赤みがあり輝きのある褐色。

香りは前面にペンキの印象があり、他にアルコール度数以上の揮発感、新築の家、建具など。

口に含むと、ぶわっとスモーキーな香りが広がる。その後に塩気。とても変わっている。ピートの強い風味があり、その裏に確かな旨みとミネラル感。

満足感ある味わいで飲むほどに口に馴染む。好みの味だ。

(記:2008.5.2)

Continue reading

Cask 116.8 (余市)"Maple Smoke and Medicine" 19年 [THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY]

赤みが少なく黄みを中心とした色合い。

香りは強めで外向的。タイトルにあるように病院のような香りもするが、他の要素に包まれていてイヤな感じではない。

味わいは、たくましく、少しSalty。後味に旨味感が広がる。味わいは個人的に好みのタイプだ。薬品臭さは比較的苦手分野だが、こんなタイプならば、たまに飲んでも良い。

(記:2008.2.9)

Continue reading

Index of all entries

Home > THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY > 116 (余市) Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top