Home > Murray McDavid Archive

Murray McDavid Archive

クラインリーシュ 1994 11年 [Murray McDavid]

前日、Societyのクラインリーシュがとても気に入った旨話したところ、サービスで一杯頂いた。

Caskはバーボン。Pedro Ximinesのシェリー・カスクでフィニッシュしたとラベルに書いてある。

乾燥イチジク、少し焦げたような風味、鼻の奥の方をくすぐる強めのアルコール香など。香りはインパクトがあるものの少し単調に思えた。

味わいは、やはり滑らかで心地良い。最初にシェリー樽由来の甘さがやや強く感じられ、その後に滑らかで繊細な味わいが続く。最初の甘みは全体の構成に馴染みきっておらず少し浮いている。中盤から後半のインパクトは強過ぎず、上品で優しい味わい。

前半から中盤に移行する部分で、連続性に少し不自然さを感じたが、飲めば飲むほど印象は良くなっていった。優れたシングルカスクの合間に飲んだのだが印象は負けていない。やはりクラインリーシュは、素晴らしい生産者だと思う。

(記:2008.3.11)

Continue reading

Index of all entries

Home > Murray McDavid Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top