Home > DUNCAN TAYLOR > ピアレス・コレクション Archive

ピアレス・コレクション Archive

ピアレス マッカラン 38年 (1969 / 2007) [DUNCAN TAYLOR]

Cask No.6846。ボトルNo.26/176。

オレンジを含んだ、強い黄色。

すごい香り。オークが強く、非常にクセのある樽香だが、蜜蝋、果実香などが程良く混じり合い虜になってしまいそうだ。

味わいはほぐれていて口の中で溶けるよう。中盤以降では、苦味とオークの風味が立ち上がり充実感を増す。とても上品な残り香が鼻を抜けてゆく。アルコール漬けの美味しいお菓子を食べているようだ。

どちらかと言えば「通向け」のボトルだと思う。価格的に購入の対象には出来ないが、もしテイスティングの機会があるならば、試してみるべきカスクだと思う。

(記:2008.4.28)

Continue reading

ピアレス・コレクション ハイランドパーク 1966 40年 [DUNCAN TAYLOR]

丁度、前のボトルが無くなったところだったので、ブースのマーク・ワットさんを急かして、次の1本を開封してもらった。だから試飲したグラスは開けたての1杯だ。

潮の香り、海辺にいるような雰囲気。

マイルドでよくこなれたハイランドパークらしい味わい。アルコール感も程よく、実に滑らかで、しみじみといいウイスキーだと思える。ハイランドパークらしさを備えつつも、素性の良いカスクを選択していることが分かる。個人的な好みにも合致した素晴らしい味わいだ。

Live後、価格次第で購入しようと思いボトルを探してみたが、¥45,000以上の市場価格にビックリした。結局購入は見送ったが、余裕があれば買ってしまいそうなくらい説得力のあるボトルだ。

(記:2008.2.10)

Continue reading

ピアレス・コレクション グレンリヴェット 38年 [DUNCAN TAYLOR]

揮発性の極めて強い香り。鼻腔を刺激するシンナー系の香りだが、テイスティングを連続的に行う状況の中で嗅ぐと、なかなか心地良い。汗のような風味、酸を中心とする枯れた印象もあり、更に嗅ぐと甘さが強くなる。

程よいインパクトとボディを持ち、とても面白く美味しい味。メリハリがあって、理屈抜きに楽しめる。

グレンリヴェットは初めて飲んだが、このボトルのあまりの印象の良さにとても好きになった。 

(記:2008.2.10)

Continue reading

ピアレス・コレクション プルトニー 18年 [DUNCAN TAYLOR]

(オールド・)プルトニーは、スコット・ランド最北端の蒸留所だそうだ。ウィックという海辺の漁師町に位置する。

潮風とバーボン樽を感じさせる香り。赤いキャンディやニスの香りもある。甘い果実の香りと人工的な樹脂の香りが混じった感じで心地良い。

アルコールのピリッとしたインパクトを持ちながら、バランスの良い厚みのある味わい。少し厳しさを増す後半の印象もなかなか。

買うに値するボトルに思えた。

(記:2008.2.10)

Continue reading

ピアレス・コレクション グレンエスク 26年 [DUNCAN TAYLOR]

グレンエスクは、1985年に閉鎖された蒸留所。

ピート、潮風、干した海藻など、クールでピーティな香りは、(東ハイランドのウイスキーなのに)まるでアイラ島のウイスキーのようだ。

味わいは、「一杯だけテイスティングする」のに適している。ピートや火薬のような印象がありながら、ボディが詰まっており面白い。後半のほろ苦さは適度のアルコール感と調和して心地良い。またアフターの渋みが強く、ワイン系の風味を感じた。

悪くない。だが、あまり量は飲めない。 他のウイスキーと織り交ぜながら、1日にほんのワンショットずつ飲むのが良いだろう。

(記:2008.2.10)

Continue reading

Index of all entries

Home > DUNCAN TAYLOR > ピアレス・コレクション Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top