Home > DOUGLAS LAING Archive

DOUGLAS LAING Archive

プロヴェナンス (ジョン・ミルロイ・セレクション)ポートエレン (1980 / 2006) [DOUGLAS LAING]

4月28日に飲んだ時の印象が良かったので再試飲した。

海草、潮風、強いアルコール、都こんぶ。

やはり旨い。ミネラル感を含んだ旨みが口一杯に広がる。中盤から後半にかけて滑らかな連携が好印象。強いがバランスの取れた味わいだ。アフターには心地良いしょっぱさ、痺れるような余韻。素晴らしい。

(記:2008.5.4)

Continue reading

OMC ラフロイグ 17年 "スペイサイドウェイ8周年記念ボトル" (1988 / 2005) [DOUGLAS LAING]

やや濃い目の黄色。

明確にラフロイグの風味が香るが、同時に落ち着きがある。要素がよく溶け合っており、じっくりと嗅げる。心地良いアルコール感、僅かに穀物、酸の風味もあり複雑。

味わいでも、ラフロイグ嫌いを敬遠するようなツンとした要素はなく、全体に非常に滑らか。口に中に、ほのかな旨みを出しながら溶けてゆくよう。いい意味で土・ピートの風味が多過ぎない。飲み進むほどにグラスに惹き込まれて集中させられる。スパイシーさがあり、アフターには柑橘系の風味を伴いつつ、非常に心地良い印象が長い時間続く。

大好きなタイプのカスク。既に売切れているが、店(スペイサイドウェイ)には出ているので、もう4、5回くらい飲んでいる。

(記:2008.5.1)

Continue reading

プロヴェナンス (ジョン・ミルロイ・セレクション)ポートエレン (1980 / 2006) [DOUGLAS LAING]

濃い黄色。

土とアルコール。汗と酸、腐葉土のような枯れた要素もある通好みの香り。

口当たりは滑らかで、すぐに旨みと甘みが口内に広がってゆく。タバコの風味もどことなく感じられた。グッと詰まった味わいで満足感が高い。これまで飲んだアイラモルトの中でも最上級の味わいに思える。ベースになるピートの風味が本当に素晴らしく、旨みの要素も非常に強い。

高価なボトルだが、購入に値する味わいだと思う。(→後日、2万円弱で2本購入した)

(記:2008.4.28)

Continue reading

Index of all entries

Home > DOUGLAS LAING Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top