Home > スペイサイド > オスロイスク/シングルトン Archive

オスロイスク/シングルトン Archive

Cask 95.7 (オスロイスク)"Spiced Sponge cake" 9年 [THE SCOTCH MALT WHISKY SOCIETY]

1974年創業の割りと新しい蒸留所。ディアジオ所有のもとJ&Bの原酒を供給する他、「シングルトン」のブランドでモルトを出している。このボトルはRefill Hogshead使用。

比較的ライトな香り。ハチミツ、白い花、汗など。外向的ではないが落ち着きがあり、個人的に好みの香りだ。

味わいは甘くふくらみがある。またアルコールのボリューム感も強い。やや直球勝負的な印象で、そこが良い点でもあり悪い点でもある。中盤から後半にかけて樽に由来するちょっとヒネたような風味がある。飲み続けるとアフターのアルコール感が強くなり、シャープな印象が増す。

短時間だが中盤に顔をのぞかせるアクセントが好きになれるかどうかで賛否が分かれるところ。私には少し合わないように思えた。

(記:2008.3.14)

Continue reading

Index of all entries

Home > スペイサイド > オスロイスク/シングルトン Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top