Home > 日本 > | ニッカ > キーモルト Archive

キーモルト Archive

余市 12年(Peaty & Salty)[リメイド・バーボン樽]

やや濃いめの黄金がかった褐色。
潮、ミネラル、ヨード、漢方薬の香り。アルコール感が強く、なかなか面白い香りだ。
ボウモアのような味わいで、私の本来苦手とするタイプだが、全体のバランス感が良いせいか、面白く頂けた。ミネラル感が非常に強く、後味には薬品のような風味が強い。バックグラウンドには常にピートと潮のニュアンス、また火を付ける前の葉巻のような匂いも見え隠れする。

(記:2007.7.25)

Continue reading

宮城峽 12年(Fruity & Rich)[リメイド・バーボン樽]

中程度の褐色。
香りの強度はやや控えめで落ち着きがあるが、内容は充実している。ユリを始めとする花、文明堂のカステラ、バニラなど。甘さあり、起伏あり、複雑性ありの、面白いとても好みの香りだ。
味わい面では、少し刺激が強いが、非常に華やかで広がりがある印象。
総合的に見て、とても印象が良く、機会があれば入手したいボトルだ。

(記:2007.7.25)

Continue reading

Index of all entries

Home > 日本 > | ニッカ > キーモルト Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top