Home > Archives > 2013年9月 Archive

2013年9月 Archive

インペリアル 1991 21Y [BBR]

オレンジを帯びた薄めの黄色。

厚みのある香り。外向的で開いている。蜜、酸の強い未熟な柑橘類、黄色い花、お菓子など。

口当たりは柔らかく非常にこなれている。厚みがあるグラマーな味わいが口内に広がるが、アフターの段階ではキレイに口どける。始めはライトな印象のアフターも飲み進むにつれ、味わいが蓄積するようになり満足感が高まる。

過去に飲んだインペリアルと比較すると、充実感、満足感が高い1本。購入に値する。

(記:2013.9.22)

Continue reading

インヴァゴードン 24Y [BLADNOCH FORUM]

<底の部分の最後の1杯を試飲。状態は口開け時とは変わっていると思う>

淡い黄色。やや褐色がかっている。

香りは閉じており、ニス、溶剤、それに酸。落ち着きあり控えめだが、確かな要素が感じられる。じっくりと嗅いでいるとアルコール感がやや強くなり、溶剤系の香りがハッキリしてくる。

味わいは厚みがある。バニラの甘さと、強めの苦味を同時に感じさせる。口当たりから後味に到る全体に、確かで判りやすい旨味と充実感がある。長く熟成させたブランデーを飲んでいるよう。

抜栓してから長く置かれるうちに過剰な要素が飛んで良くなったのかもしれない。味わいの中に素晴らしく要素が馴染んだ状態。1万円程度の価格であれば是非買いたい内容。

(記:2013.9.22)

Continue reading

コニャック グラン・シャンパーニュ RESERVE (1ER CRU DE COGNAC)[レイモン・ラニョー]

オレンジを含んだ褐色がかった色合い。

香りは中程度で分かりやすい。機械油のような人工的な香りと、洋ナシを思わせる香り、ミント、落ち葉など。

味わいは若干薄いがバランスが良い。何も考えない普通飲みを、ほんのちょっとだけ贅沢にした感じ。アフターに残るコニャック感は、(決して上品ではなく少し安っぽいが)心地良い。アフターにはスパイスのニュアンスもある。

200mlの小瓶で¥2,000程度。非情にコストパフォーマンスが高い。

(記:2013.9.22)

Continue reading

Index of all entries

Home > Archives > 2013年9月 Archive

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top