Home > ニッカ > | 日本 > | 竹鶴 > 竹鶴 21年

竹鶴 21年

2007年に「ワールド・ウイスキーズ・アワーズ(WWA)」を受賞したボトル。5年ほど前、竹鶴17年の酸化による「落ち」の激しさを経験して以来、竹鶴系は避けてきたが、21年はいかに?(ただし下記のコメントは睡魔が絶頂に達した時間に眠りながら試飲してメモしたものだ。なお竹鶴を握ったまま30分以上寝てしまったのだが、1滴もこぼすことはなかった)

高いアルコール感。やや酸を感じさせる強めの香り。

味わいには甘さがあり、複雑性があり、かつバランスが取れている。華やか、華麗。ハイレベルな複雑性を楽しめる。WWA受賞は納得できる内容。

このウイスキーが美味しかったためだろうか、仮眠が効いたのだろうか?以後少し正気を取り戻した。ちなみにこれも後日30%offのセールの時に2本購入した。完全にシラフの状態で再度分析的に試飲してみようと思う。 

(記:2008.2.10)

蒸留年: -
ボトリング: -                                                                アルコール度数: 43.0% 
地域: 日:
購入店: Whisky Magazine Live 2008 
価格(税込み): ¥10,493 [アサヒショップの定価]
絶対評価(印): ▲+++
コストパフォーマンス: ▲++

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://dabun.org/mt/mt-tb.cgi/896
Listed below are links to weblogs that reference
竹鶴 21年 from DABUN.ORG:WHISKEY

Home > ニッカ > | 日本 > | 竹鶴 > 竹鶴 21年

Links
Search
Feeds
Recent Entries
Archives

Return to page top